横浜市、「待機児童ゼロ」への限りなき挑戦

きっかけは、林文子市長の「聞く力」

もちろん、しかるときもありますよ。しかるときと、褒めるときをハッキリ分けていますね。しかる際は、「あなたに才能があってもったいないから、ちょっと言わせてもらいます」とやります。

――「一人ひとりに声をかける」とのことですが、横浜市は370万人都市で、職員が2万6000人もいます。本当にそんなことが可能なのですか。

確かに、そうおっしゃる方は少なくありません。ただ、私は民間の経営者としての経験があって、「人の思いは伝わる」ということを実感しています。この場に50人いるとすれば、その50人の人に一生懸命話をする。そうすれば50人の人は、次の誰かに話をしてくれる。トップが「伝えたい、伝えたい」という気持ちでいれば、徐々に伝わっていくんですよ。

ダイエー時代に「人の思いは伝わる」ことを実感したという

これはダイエーで会長をしていたときに感じたのです。ダイエーには当時、パートタイマーが13万人ぐらいいました。全国のお店を回って、ひとつのお店に700人ぐらいパートさんがいるところもありましたが、そこで一生懸命話すと、その内容が近隣のお店にも伝わっていったのです。「この前、会長がきて、こんなことを話してたよ」と、じわじわ伝わっていきました。

ダイエーで全国を回ったときに感じているから、横浜市長に就任した際は「2万6000人が少ないぐらい」と、感じたほどです。「人数が多いから伝わらない」と思ってメールで一斉に出しただけでは、本当の思いは伝わらないと思います。

泥くさいかもしれませんが、こつこつ、こつこつ、就任してからこれまでの4年間は、できるだけ現場を回ってきました。

市民の皆様にも、月に1回は「ティーミーティング」で市役所にお越しいただいて話をしますし、「ぬくもりトーク」という取り組みでは、地域で活動されているグループの方のところに行って、話を伺うこともしています。「どのような思いでこのようなご活動をされているのですか」と聞く。そこで伺ったことは現場の声ですので、政策に反映することができます。

4年間で300回以上現場を回りました。そういうことが力になる、と信じています。

(撮影:梅谷秀司)

 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT