ソフトバンク、通期営業益予想7000億円を維持

宮内謙社長「軽く達成できると思っている」

 2月5日、ソフトバンクは、2018年4─12月期(国際会計基準)の連結営業利益は前年比18.5%増の6349億円となったと発表した。個人向け携帯電話サービスが順調に推移したほか、法人向けサービスも利益を伸ばした。写真は都内で2017年7月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 5日 ロイター] - ソフトバンク<9434.T>は5日、2018年4─12月期(国際会計基準)の連結営業利益は前年比18.5%増の6349億円となったと発表した。

個人向け携帯電話サービスが順調に推移したほか、法人向けサービスも利益を伸ばした。

通期営業利益予想は株式上場の際に開示した前年比9.7%増の7000億円を維持した。会見した宮内謙社長は「軽く達成できると思っている」と計画の達成に自信を示した。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。