ソフトバンク、通期営業益予想7000億円を維持

宮内謙社長「軽く達成できると思っている」

 2月5日、ソフトバンクは、2018年4─12月期(国際会計基準)の連結営業利益は前年比18.5%増の6349億円となったと発表した。個人向け携帯電話サービスが順調に推移したほか、法人向けサービスも利益を伸ばした。写真は都内で2017年7月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 5日 ロイター] - ソフトバンク<9434.T>は5日、2018年4─12月期(国際会計基準)の連結営業利益は前年比18.5%増の6349億円となったと発表した。

個人向け携帯電話サービスが順調に推移したほか、法人向けサービスも利益を伸ばした。

通期営業利益予想は株式上場の際に開示した前年比9.7%増の7000億円を維持した。会見した宮内謙社長は「軽く達成できると思っている」と計画の達成に自信を示した。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT