ソフトバンク、通期営業益予想7000億円を維持

宮内謙社長「軽く達成できると思っている」

 2月5日、ソフトバンクは、2018年4─12月期(国際会計基準)の連結営業利益は前年比18.5%増の6349億円となったと発表した。個人向け携帯電話サービスが順調に推移したほか、法人向けサービスも利益を伸ばした。写真は都内で2017年7月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 5日 ロイター] - ソフトバンク<9434.T>は5日、2018年4─12月期(国際会計基準)の連結営業利益は前年比18.5%増の6349億円となったと発表した。

個人向け携帯電話サービスが順調に推移したほか、法人向けサービスも利益を伸ばした。

通期営業利益予想は株式上場の際に開示した前年比9.7%増の7000億円を維持した。会見した宮内謙社長は「軽く達成できると思っている」と計画の達成に自信を示した。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。