仕事のできる人が「ちなみに」を多用しない理由

伝え上手な人がよく使う6つの言葉とは

魔法は魔法使いしか使えません。しかし、ご紹介した言葉は魔法の言葉ではなく、誰でも簡単に使える言葉です。それでもビジネスで伝わる人と伝わらない人がいる。成果に結びつく人とそうでない人がいる。その理由は、スイッチのONとOFFをしないからです。

例えばご紹介したような言葉を普段の雑談で完璧に使う人がいたらどう思うでしょうか。まるでロボットが話しているようで、人間として魅力的でない。あまりその人と会話をしたくない。そう思ってしまうのは私だけではないはずです。だから普段は、スイッチはOFFでいいのです。

ビジネスシーンの10%だけで使えばいい

しかし重要な勝負どころ、例えば面接やプレゼンの機会などのときは、ご紹介したような言葉が威力を発揮し、それが成果に直結します。

『少ない言葉+ていねい+正しそうでOK! 伝わるスイッチ』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

つまり勝負どころではスイッチをONにする。これだけでいいのです。

成果を出せるビジネスパーソンは例外なく、数学的な言葉を使って伝えています。ただしそれはビジネスシーンでわずか10%の場面だけでしょう。その10%のときだけはスイッチを切り替え、言葉を変える。ご紹介した言葉を使えば、必ずあなたの伝え方はロジカルかつ簡潔な内容になります。

ロジカルに話そう、短く簡潔に話そうと考えるのではなく、勝負どころだけは使う言葉を変えるという発想を持ってみてはいかがでしょう。

成果に直結する場面だけ、成果に直結する言葉を使うのです。普段はあなたらしい話し方でコミュニケーションを楽しみましょう。あなたはロボットではなく人間なのですから。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング