米S&P続伸、月間では2015年以来の大幅高

FRBへの信頼が回復、市場には楽観ムード

 1月31日、米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>とナスダック総合が続伸して取引を終えた。S&Pは月間で2015年以来の大幅な上昇率を記録した。米中通商協議の結果が待たれる中、米連邦準備理事会(FRB)が前日示したハト派的な姿勢や、フェイスブックの好決算が楽観ムードにつながった。ダウ工業株30種はほぼ横ばいで引けた。ニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[31日 ロイター] - 米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>が続伸して取引を終えた。S&Pは月間で2015年以来の大幅な上昇率を記録した。米中通商協議の結果が待たれる中、米連邦準備理事会(FRB)が前日示したハト派的な姿勢や、フェイスブック<FB.O>の好決算が楽観ムードにつながった。

ダウ工業株30種<.DJI>はほぼ横ばいで引けた。

フェイスブックは10.82%急伸し、2016年1月以来の大幅高となった。同社の第4・四半期決算は売上高と利益がそろって市場予想を上回った。個人情報流出など一連の不祥事にもかかわらず、広告事業が影響を受けていないことが示された。

ゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>は11.65%急伸。第4・四半期の売上高とキャッシュフローが市場予想を上回った。

FRBは30日までの連邦公開市場委員会(FOMC)で、年内の追加利上げに忍耐強く対応する姿勢を表明。金融状況の引き締まりによって経済成長が阻害されるとの懸念が緩和した。

アイコン・アドバイザーズのプレジデント、クレイグ・キャラハン氏は「1カ月前にはFRBへの信頼感がかなり欠如していたが、その状況が和らいだ」と指摘。ここ数日に発表された企業決算の多くが予想を上回ったことも、市場の楽観ムードを押し上げていると語った。

S&Pは1月に7.9%上昇した。月間上昇率としては2015年10月以来の大きさ。1月としては1987年以来の大幅高となる。

リフィニティブのデータによると、S&P総合500種採用企業でこれまでに第4・四半期決算を発表した210社のうち、利益がアナリスト予想を上回った企業の割合は71%。

投資家は米中通商協議の結果を待っている。

中国の習近平国家主席はトランプ米大統領への書簡で、米中両国が期限の3月1日までに通商問題で合意できるよう、互いに譲歩することを望むとの考えを伝えた。

第4・四半期売上高が予想を下回った化学大手ダウ・デュポン<DWDP.N>は9.23%安。この日のダウ工業株30種を押し下げた。S&P素材セクター<.SPLRCM>は1.54%安。

月間ではナスダック総合は9.7%、ダウ工業株30種は7.2%、それぞれ上昇した。

S&P電気通信サービス指数<.SPLRCL>は3.74%高となり、S&Pの主要11セクターの上げを主導した。フェイスブックやアルファベット<GOOGL.O>、ケーブルテレビ(CATV)大手チャーター・コミュニケーションズ<CHTR.O>が大きく値上がりし、指数を押し上げた。

チャーターは14.19%急伸。インターネットサービスの契約者数増加を背景に、第4・四半期の売上高が予想上回った。

マイクロソフト<MSFT.O>は1.83%安。主力のクラウドコンピューティングサービス「アジュール」の売上高の伸び鈍化が嫌気された。

インテル<INTC.O>は0.88%安。同社は、最高財務責任者(CFO)兼暫定最高経営責任者(CEO)だったロバート・スワン氏を正式なCEOに任命した。

ニューヨーク証券取引所では値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を2.40対1の比率で上回った。ナスダックでも1.80対1で値上がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は95億株。直近20営業日の平均は77億株。

アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は引け後に示した第1・四半期の売上高見通しが予想下回り、時間外取引で2.5%下落した。通常取引では2.89%上昇していた。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 24999.67 -15.19 -0.06 24954.48 25049.62 24842.09 <.DJI>

前営業日終値 25014.86

ナスダック総合 7281.74 +98.66 +1.37 7208.17 7303.12 7205.95 <.IXIC>

前営業日終値7183.08

S&P総合500種 2704.10 +23.05 +0.86 2685.49 2708.95 2678.65 <.SPX>

前営業日終値2681.05

ダウ輸送株20種 10059.37 -19.33 -0.19 <.DJT>

ダウ公共株15種 727.25 +15.15 +2.13 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1272.09 +0.33 +0.03 <.SOX>

VIX指数 16.61 -1.05 -5.95 <.VIX>

S&P一般消費財 861.45 +9.29 +1.09 <.SPLRCD>

S&P素材 333.98 -5.22 -1.54 <.SPLRCM>

S&P工業 603.74 +2.73 +0.45 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 547.94 +9.79 +1.82 <.SPLRCS>

S&P金融 429.90 -1.16 -0.27 <.SPSY>

S&P不動産 212.98 +2.00 +0.95 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 470.81 +3.32 +0.71 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1047.87 +11.72 +1.13 <.SPXHC>

S&P通信サービス 152.75 +5.50 +3.74 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1163.16 -1.35 -0.12 <.SPLRCT>

S&P公益事業277.67 +5.64 +2.08 <.SPLRCU>

NYSE出来高 14.49億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 20835 + 85 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物3月限円建て 20825 + 75 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。