巨大物流センターと立ち上がる「斜めの壁」

穴守稲荷駅の羽田クロノゲートへ行ってみた

斜めの壁が印象的なヤマトフォーラム

外へ出る。敷地内には、カフェや保育所も併設されている。そして、今回の見学のもうひとつの目的であるヤマトフォーラムもある。円形の体育館だ。これがどうしても見たかった。

この建物は、アップリフトという、耳慣れない工法で作られている。ネットで記事を見て以来、ボクはその工法の虜になっていた。その工法とはこうだ。現在は斜めの壁になっているコンクリートの板を、同心円状に、まずは地面にほぼ垂直に立てる。このときコンクリート板のてっぺんには、現在は屋根に張られている鉄骨が、つなげられややたるんでぶら下がっている。コンクリート板は計24枚が、ぐるりと並ぶ。

そして「せーのー」で、そのうち12枚のコンクリート板を支えている“つっかえ”を外し、外側へ倒す。すると、屋根用の鉄骨が引っ張られてぐっと持ち上がる。小さな模型で考えれば、ああなるほどねという工法だが、実際にはコンクリートの板は1枚9トンあり、鉄骨を1.8メートル持ち上げるのに、約5時間半かかった。やってみて「あれ、ちょっとうまくいかなかったね」というわけにはいかなかろう。

建設中の現場を見たかった

屋根はその後、ジャッキで高さ8.1メートルのところまで持ち上げられ、最終的に、天井高7メートルの体育館が完成した。盃のごとき壁の傾斜などにアップリフトの名残を感じ、なるほどこれがとは思うが、それ以上のことは感じられない。「へえ。これが見たかったんですかあ」といわんばかり編集者の視線を感じ、つい、うつむいてしまう。

じわじわとコンクリート板が倒れ、屋根の鉄骨が持ち上がる様子を見たかったなと後悔しきり。スゴイ工法は、やっぱり、施されているところを見たい。

次ページクロノゲートの向かいに不思議な建物
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT