巨大物流センターと立ち上がる「斜めの壁」

穴守稲荷駅の羽田クロノゲートへ行ってみた

柱が目立つ付加価値機能エリア

付加価値機能エリアでは、どんな価値が付加されるのか。6000キロまで耐えられる巨大な荷物用エレベーターで7階へ上がると、そこは倉庫だった。荷物は何もない。本格稼働前だからだ。つまりだだっ広い空間が広がっているのである。

このフロアではたとえば、宅急便で返却された医療用機器を洗浄する予定になっている。再び使えるようにして宅急便で送り出すわけだ。洗浄エリアはほかのエリアとは区切られている。仕切る壁には窓が多い。中の様子がよく見られるように、だそうだ。

番地が振られた巨大なフロア

しかし本格開業前なので、まだ何もない。目立つのは柱ばかりだ。直方体の柱は、縦横それぞれ1.4メートルの太さ。これが240メートル×114メートルと広いフロアに屹立している。柱には01から13までの番号と、AからSまでのアルファベットが振られている。番地代わりになるのだろう。NからMまで歩くと、ボクの足では18歩だった。

ここが、今よりもっと手元に早く荷物を届けてくれる拠点。だけど、あまりそのスケールが感じられない。これが日本最大級の物流センターなのか……。この違和感は何だろう。

フロアを下る。途中、2階に集中管理室がある。部屋中、モニタだらけだ。こういう様を見ると、思い出すことがある。前に勤めていたマイクロソフトという会社で、大型のモニタが必要になったことがあった。しかし、当時はブラウン管。50インチを手に入れようとしたら大変だ。そこで考えたのは、小さなブラウン管モニタを横に並べ、縦に詰むという数量作戦。それが今や、液晶パネルを楽々並べているのだから、時代は変わった。

次ページアップリフト工法とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT