被災地発の自転車イベントはなぜ実現したか

巨大イベントを実現させた、もうひとりの"爆速男"

支社オープンの日、河北新報社の一力雅彦社長と宮坂、僕たちも出席して会食が行われた。その機会を宮坂が逃すはずがない。

「ツール・ド・東北みたいに自転車で何か復興イベントがやりたいんですよ」

と、一力社長に早速打ち明けたのだ。すると一力社長は

「いいね。うちは昔、やっていたからやろうよ」と快諾してくれた。

そんなやり取りのあった翌月、プロジェクトは本格的に進み出した。

宮坂はエネルギーあふれる人なので、ちょっとした思いつきを含め、日頃から社員にさまざまな提案を投げかけてくれる。が、それを実際にやるかやらないかは言われた本人(社員)次第。とんでもない話だが、社長からの話を、われわれはスルーしてしまうこともある。

今回の立役者は、復興支援室長の須永(写真中央)だ

普段なかなかの「スルー力」をもつ須永だが、この企画については、宮坂からの打診をしっかりとキャッチしていた。「筋がいいと思った」そうだ。

「参加型の何か」「被災地に人を呼べるもの」

そんな起爆剤っぽい大掛かりなものを、石巻でいつかやってみたいね、と僕も須永と話していた。

ツール・ド・フランスは世界3大スポーツイベントと呼ばれ、自転車レースは世界屈指のファン数を誇るものとして認知されている。けれど、日本ではまだまだそこまでは盛り上がっていない。

ぶっちゃけた話、須永は大のラグビーファンで、当初は自転車なんてこれっぽっちも関心を持っていなかった。

「なんでチャリンコのイベントやろうと思ったんですか?」と聞いてみると、須永からはこんな答えが返ってきた。

「ユーザーが参加する大規模スポーツイベントという点に、大いに興味をそそられた。復興支援とはまた別の観点だけど、すでにメジャースポーツとして有名なサッカーや野球より、まだまだマイナーな印象の自転車レースを日本で育てる過程に、ヤフーがかかわれるならすごく意味があると思ったのよ。

宮坂さんの構想は、数千人規模のレースで、ワールドツアーに選ばれるくらいのものに育てよう!という骨格ができていた。前から実現したいと思っていた東北ツーリズムや“民泊(みんぱく:ホテルや旅館の代わりに、一般家庭や公民館などで宿泊客を受け入れること)”なども、そこに掛け合わせて実行できるんじゃないかとも思ってね」 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT