アナ雪「立役者」再就職が女性の反感買う事情

「#MeToo」運動は2019年も生き続ける

しかしラセターには、#MeTooムーブメントの発端となったハーベイ・ワインスタインやケビン・スペイシーのような刑事訴訟に至る事例がない。だから、場合によっては「許してもいいのでは」と言う声が出る余地があるのだ。

突然にして爆発したセクハラ暴露で職を失った男性はハリウッドにも政界にも多いが、罪の程度や反省の度合いはさまざま。昨年にはマット・デイモンが「(セクハラの加害者を)一括りにすべきではない」と発言して、強く非難されている。おかげでデイモンもその後しばらくおとなしくする羽目になり、男たちはもうこの事柄について表向きには意見を言わなくなった。

ラセターの件に関しては、#MeTooのリーダー的存在の1人である女優アリッサ・ミラノも、「この業界は、今、(セクハラで非難された)人々が反省し、行動をあらためたということをどう証明すればいいのかを判断すべき段階にある。そして、そのような行動を絶対に許さないという契約の下であれば、それらの人々に新たなチャンスをあげてもいいと思う」と述べている(興味深いことに、ミラノはデイモンが先の発言をした時に彼をバッシングした1人である)。

「#MeToo」運動は2019年も生き続ける

もちろん、レイプ犯などがその範疇に入らないのは言うまでもないとしつつ、彼女は「この問題には白と黒だけではなく、グレーの部分がいっぱいある」と言うのだ。そんな彼女の言葉には、当然、女性たちから多くの批判を受けた。

だが、#MeToo関係者の仲間割れは、これが初めてではない。やはり#MeTooの代表的存在だったローズ・マッゴーワンは以前からミラノが嫌いなうえ、本人もなかなかの問題児だ。さらに昨年は、ワインスタインのレイプ被害者として名乗り出たアーシア・アルジェントが、未成年の男性と性関係を持ち、示談金を払っていたことが報道され、衝撃を与えている。

2017年は、ハリウッドは“セクハラ元年”だった。隠されていた性被害が浮上し、加害者たちの名前が明らかにされたのが、この年である。だが、そこは、あくまでスタート地点。

2019年の今、業界は今回のような「新しい問題」に直面した。ハリウッドはこれにどう対処し、ここからどちらへ向かうことになるのだろう。その答を、今はまだ誰もわからないでいる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。