今年もAIだらけ「家電見本市」の目玉は何だ

CES2019から見える技術トレンド

リサーチ会社、フォレスターのテクノロジー・アナリスト、フランク・ジレットは、「わたしたちはもっと彼ら(バーチャル・アシスタント)の言語を学ぶ必要があり、彼らはまだわたしたちの言語を学んでいない」と言う。

多くの人が自分のコンピューターにはセキュリティー・ソフトを入れている。だが、インターネットに接続できるほかの機器はどうなっているだろうか。たとえば、スマートウォッチ、電話、テレビ、スピーカーなどはどうだろう。

5G技術の実力は?

さまざまなモノがインターネットにつながるIoTの時代には、Wi-Fiルーターがハッカーに狙われやすくなる。だから、ネットワークのセキュリティーを向上させて、ユーザーを守る機器やソフトウェアが多数生まれてくるだろう。

たとえば、Wi-Fi機器メーカー、イーロ(Eero)が昨年立ち上げたサービス「イーロプラス」は、同社のWi-Fiネットワークにつながる機器すべてを、ウイルスやマルウェアから守る。ネットギア(NetGear)も昨年、同様のセキュリティーサービス、「ネットギアアーマー(NetGear Armor)」の提供を開始した。

今年はさらに多くの製品やサービスが出てくるだろう。CESでは、ネットワーク会社のスカリス(Scalys)がセキュリティー機能を備えたルーター、「トラストボックス」を発表した。

今年、無線の世界ではインフラが大幅に向上し始める。AT&Tやベライゾン・ワイヤレスなどの大手携帯電話会社によると、5Gの技術はデータを驚くほどのスピードで運ぶことができ、映画1本を数秒でダウンロードできるという。

5Gは、スマートフォンのスピードを速めるだけでなく、ロボットや自動運転車、ドローンや防犯カメラなどにとっても重要なものとなるだろう。5Gは、機器同士がコミュニケーションする時間を大幅に削減できると考えられるからだ。

次ページウワサほどではないもの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。