宇宙論入門 誕生から未来へ 佐藤勝彦著

宇宙論入門 誕生から未来へ 佐藤勝彦著

アインシュタインから始まった相対性理論に基づく科学的宇宙論では、宇宙は唯一であり、それがビッグバン宇宙として始まって現在に至り、物理学の法則に基づいてその姿や進化の過程はきっちり決まっていると考えられてきた。が、超ひも理論の宇宙はこの考えを根底から覆した。あたかも「私たちの宇宙は人間が生まれるようにデザインされている」。実はこれは、私たちの宇宙が無数の宇宙の中で偶然そのような物理法則と次元の宇宙だったので、人類が生まれ、今その宇宙を認識しているにすぎない。

宇宙の加速膨張は続くのか、暗黒物質とは、などトピックな問題にも答える、宇宙の多重発生理論を提唱する宇宙学の第一人者による啓蒙書。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT