SIM戦国時代が到来、勝者は誰なのか

「SIMフリー」アイフォーンでSIMカード戦いが過熱

格安SIMカードは、携帯電話会社のSIMと差し替えて利用する(撮影:尾形文繁)

米アップルが11月22日、「SIMフリー」のアイフォーンの販売を開始した。2008年にソフトバンクがアイフォーンを発売して以来、国内の携帯電話会社が販売するアイフォーンには、自社回線以外では通信できないように「SIMロック」がかかっている。SIMフリー版はそのロックがなく、同じ端末で携帯電話会社を自由に変更できるのが特徴だ。 

このSIMフリーのアイフォーン登場で、がぜん注目が高まっているのが、MVNOと呼ばれる通信会社が提供する格安のSIMカードだ。携帯電話会社とスマートフォンの契約をすると、基本料金や通信料金を合わせ月5000円以上かかる。それをMVNOのSIMカードに替えることで、月1000円前後に抑えることができる。SIMフリーのアイフォーンでも、格安SIMが利用可能だ。

多様化するサービス

MVNOの安さには、ワケがある。データ通信専用で通話のできないものが多く、通信量や通信速度に制限があるのだ。最も安いドリーム・トレイン・インターネット(DTI)の場合、通信速度が150kbps(キロビット/秒)と遅い。文字中心のサイトやメールのやり取りなら問題なく使えるが、動画視聴は難しい。

それでも料金を節約したいというニーズは大きい。総務省によれば、携帯電話・PHSのMVNO契約数は今年6月時点で593万と前年同期比で約16%伸びている。

参入する事業者も急増している。MVNOは既存の携帯電話会社から回線を借り受けて、通信サービスを展開している。設備投資が軽いため、参入障壁が低いのだ。事業者数は11年末の278社から12年末に345社まで拡大。同時に、MVNO間で熾烈な競争が繰り広げられている。

特に攻勢をかけているのが、NTTコミュニケーションズ(NTTコム)、インターネットイニシアティブ(IIJ)、日本通信の3社だ。

最初に仕掛けたのは、NTTコム。今年4月、月980円で高速通信LTEを利用できるプランを導入した。1000円弱のプランは他社にもあったが、通信速度が150~200キロビットに制限されていた。NTTコムは「格安SIMは速度が遅い」というイメージを打ち破った。

通信量は1日30メガバイトと上限があるものの、30メガバイトあれば、テキストメールの送受信が6000通、サイト閲覧は120ページ、動画は約15分間見られる。実用性の高さに加え、NTTグループという安心感もあり、人気に火がついた。1480円で1日60メガバイトというプランもあるが、「ほとんどのユーザーが1日30メガのプランを選ぶ」(ネットワークサービス部の新村道哉担当課長)という。

次ページドコモとの微妙な関係
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT