SIM戦国時代が到来、勝者は誰なのか

「SIMフリー」アイフォーンでSIMカード戦いが過熱

格安SIMカードは、携帯電話会社のSIMと差し替えて利用する(撮影:尾形文繁)

米アップルが11月22日、「SIMフリー」のアイフォーンの販売を開始した。2008年にソフトバンクがアイフォーンを発売して以来、国内の携帯電話会社が販売するアイフォーンには、自社回線以外では通信できないように「SIMロック」がかかっている。SIMフリー版はそのロックがなく、同じ端末で携帯電話会社を自由に変更できるのが特徴だ。 

このSIMフリーのアイフォーン登場で、がぜん注目が高まっているのが、MVNOと呼ばれる通信会社が提供する格安のSIMカードだ。携帯電話会社とスマートフォンの契約をすると、基本料金や通信料金を合わせ月5000円以上かかる。それをMVNOのSIMカードに替えることで、月1000円前後に抑えることができる。SIMフリーのアイフォーンでも、格安SIMが利用可能だ。

多様化するサービス

MVNOの安さには、ワケがある。データ通信専用で通話のできないものが多く、通信量や通信速度に制限があるのだ。最も安いドリーム・トレイン・インターネット(DTI)の場合、通信速度が150kbps(キロビット/秒)と遅い。文字中心のサイトやメールのやり取りなら問題なく使えるが、動画視聴は難しい。

それでも料金を節約したいというニーズは大きい。総務省によれば、携帯電話・PHSのMVNO契約数は今年6月時点で593万と前年同期比で約16%伸びている。

参入する事業者も急増している。MVNOは既存の携帯電話会社から回線を借り受けて、通信サービスを展開している。設備投資が軽いため、参入障壁が低いのだ。事業者数は11年末の278社から12年末に345社まで拡大。同時に、MVNO間で熾烈な競争が繰り広げられている。

特に攻勢をかけているのが、NTTコミュニケーションズ(NTTコム)、インターネットイニシアティブ(IIJ)、日本通信の3社だ。

最初に仕掛けたのは、NTTコム。今年4月、月980円で高速通信LTEを利用できるプランを導入した。1000円弱のプランは他社にもあったが、通信速度が150~200キロビットに制限されていた。NTTコムは「格安SIMは速度が遅い」というイメージを打ち破った。

通信量は1日30メガバイトと上限があるものの、30メガバイトあれば、テキストメールの送受信が6000通、サイト閲覧は120ページ、動画は約15分間見られる。実用性の高さに加え、NTTグループという安心感もあり、人気に火がついた。1480円で1日60メガバイトというプランもあるが、「ほとんどのユーザーが1日30メガのプランを選ぶ」(ネットワークサービス部の新村道哉担当課長)という。

次ページドコモとの微妙な関係
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。