2時間でわかる外国為替 FX投資の前に読め 小口幸伸著

2時間でわかる外国為替 FX投資の前に読め 小口幸伸著

「収益力のあるトレーダーは非論理的だ」と、ディーラーの著者はいう。「ギリギリの場面では、さまざまな要素がせめぎあい、論理的に語れない」ためだ。稼ぎ続けるディーラーはプロでも1割。ただ素人でも無理をせずに、謙虚に相場と向き合えば、利益を出せる「かもしれない」。

海外メディアに日本個人投資家のあだ名「キモノトレーダー」の記事が掲載されるほど為替取引がブームだ。それにすぐ役立つ「取引の基本」、相場観の作り方や情報収集法などの「プロの技」を紹介。加えて普通の解説本にはない、心構えなどの「コツ」を教える。「明快な話や金融機関の営業を信じるな」「順張りに徹せよ」というメッセージを投資家に送る。

朝日新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT