若者のための政治マニュアル 山口二郎著

若者のための政治マニュアル 山口二郎著

政治を知り、民主主義の権利である一票を使えば、社会は変えられる。若者は半分も投票にいかない。どうせ何も変わらないからと無関心になり、選挙を棄権することは、政治的決定について為政者に白紙委任をしたことになる。それでは、為政者の思うつぼ。政治家に対する不信があればこそ、そんな彼らに白紙委任することは、自らの首を絞める行為だと理解することが大事だ。たくさんの人が、人間の尊厳が尊重されるよい世の中を本当に作りたいと欲すれば、必ず実現できる。

団塊の世代の無責任さが嫌いという気鋭の政治学者が、政治との向き合い方と、民主主義を使いこなすためのスキルを、具体的な10のルールでわかりやすく説く。

講談社現代新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。