埼玉発「山田うどん」が熱烈に支持されるワケ

半世紀以上続く地元密着チェーンの哲学とは

5代目となる山田裕朗社長は「カロリーのK点超え」を掲げ、炭水化物メインの商品を次々と打ち出している(撮影:今井康一)

山田社長は「女性店長は顧客の顔を見て対応する応用力が高い。それが家庭的な雰囲気につながっているのではないか」と分析する。実際、山田うどんの店舗に行くと「久し振りですね」や「今日は何にするの?」といった接客を見かける。チェーン店でありながら、地元の定食屋のようなアットホームな接客が常連客のハートをつかんでいるようだ。

食堂アピールで家族客が増加

自らの強みをひたすら磨いてきた山田うどんだが、近年では変化も見られる。先述した鍋焼きうどんや、2018年夏に販売したサラダうどんなど、600~700円台の商品も提供し始めた。同社の商品では比較的高価格帯に入るが、山田社長は「競争の激しい外食業界で選択肢に入れてもらうためには、安くてボリュームのある定番商品と季節商品との両輪で勝負したい」と話す。

2018年7月からは、新店や改装店舗から順次、屋号を「山田うどん」から「山田うどん食堂」に変更している。メニューは従来と変わっていないが、「食堂」と銘打つことでうどん以外も扱っていることをアピールする狙いだ。

「古い建物が敬遠されていた部分もあると思うので、リニューアルして看板も変えて呼び込みたい。新店を増やすよりも、今ある既存店でお客さんを増やすほうが確実」と山田社長。「食堂」のアピールに加え、看板のライトアップにより視認性が上がったこともあって、狙いどおりファミリー層の来客が主に土日に増加しているという。

コシのない柔らかい麺や炭水化物づくしなどの特徴は、現在のトレンドとは異なっても、客が熱烈に支持するためいじらない。一方で季節商品やファミリー層の取り込みなど、自身の強みを殺さない部分では積極的に変化する。“不易流行”の姿勢で昭和から平成を生き抜いてきた山田うどん。次の時代も埼玉で変わらぬ存在感を放つだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。