大胆予想!3月JRダイヤ改正で「消える列車」

長距離の普通や大回り列車はどうなる?

JR北海道の石勝線は追分―新夕張間の減便が予定されている(写真:CRENTEAR/PIXTA)

2018年12月14日、JRグループから春のダイヤ改正の概要が発表された。

各社のホームページを見ると、

●青函トンネル内の最高速度引き上げによる、北海道新幹線のスピードアップ
●N700A増備による東海道・山陽新幹線「のぞみ」のスピードアップ
●上越新幹線にE7系を投入
●山陽・九州新幹線「みずほ」の増発
●中央本線(新宿―甲府、松本方面)の特急の運行体系の見直し
●大阪―北陸方面の特急「サンダーバード」の増発
●大阪―姫路の特急「らくラクはりま」の新設

など、新幹線や特急の情報は大々的に載せられているが、普通・快速列車のボリュームは控えめとなっている。

そこで、各社のリリースを読み込み、現在の時刻表と比較。気になる普通・快速列車、運行本数が少ない区間普通・快速列車のダイヤ改正後を予想してみた。なお、この記事に書くことは、あくまで予想なので、当たらなくてもノークレームの気持ちで読んでもらえれば幸いである。

まずはJR東日本

JR東日本の東北エリアでは、秋田→青森で新たに快速電車を運転するといううれしいニュースがある一方で、盛岡―鹿角花輪間でJR花輪線の運行本数を1往復削減、陸羽西線の新庄―余目の1往復削減、陸羽東線の運行本数削減が発表された。

陸羽東線はどの列車が削減されるのか、具体的なことが書かれていなかったが、下記の列車が1本に統合されると思われる。

<陸羽東線>
●小牛田6時47分発鳴子温泉行きと、小牛田7時04分発鳴子温泉行き
●鳴子温泉18時01分発新庄行きと、鳴子温泉19時21分発新庄行き
●鳴子温泉8時01分発小牛田行きと、鳴子温泉8時34分発小牛田行き
●新庄17時57分発鳴子温泉行きと、新庄19時16分発鳴子温泉行き

新潟エリアは 、弥彦線の弥彦―吉田間で日中に運転されている電車の1往復が、土休日と多客期のみの運転になる、という記述以外に具体的なことが書かれていなかった。

だが、1日2本だけ運転されている、越後線の吉田を出て新潟経由で長岡まで行く、ブーメランのように大回りする電車の運転区間が新潟で分割されたり、始発駅が内野に変更されて、大回り感が楽しめなくなる可能性が高い。

次ページJR西日本やJR東海は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。