男女で「セクハラ感覚」がズレまくる根本背景

中川淳一郞×治部れんげが徹底的に語る

「セクハラ」炎上問題の本質はいったいどこにあるのか?(撮影:梅谷秀司)
ルミネ、資生堂、サントリー、キリンビバレッジ、宮城県、ユニ・チャーム。これら一流企業・組織には共通項がある。いずれも近年、SNS上で「ジェンダー炎上」した企業・組織だ。CM内で描かれた女性像が問題視され、ネットユーザーから集中砲火を浴びたのだ。
炎上しない企業情報発信~ジェンダーはビジネスの新教養である~』の著者である治部れんげさんと、インターネットの炎上に詳しいネットニュース編集者の中川淳一郎さん。一橋大学の同級生でもあるお2人に、2018年に吹き荒れたセクハラ問題、炎上広告が後を絶たない理由、炎上しない企業の好例などについて、3回にわたって話を聞いた。

経済誌記者時代に感じた大きな違和感

――「ジェンダー炎上」に関する治部さんの新刊は、一橋大学大学院で取り組まれた修士論文を基にしたそうですが、お2人は一橋大学の同級生だそうですね。

中川:もともと大学の頃から治部さんを知っているんです。昔からプライベートな話もする仲で。だから治部さんが雑誌やネットで「ジェンダー」や「フェミニズム」について語るのを見た時に、本当にビックリして。俺、知らなかったの。そういう分野に関心があったことを。

治部:20年前の私は、それこそ下ネタも辞さないような「小娘の皮を被ったおじさん」だったからね(笑)。ジェンダーの授業は、大学時代に受けてはいました。でも新卒で入社した出版社では、上司は全員男性だし、取材先も多くは男性。飲み会で男性の不倫話を聞くことも仕事のうちだと、本気で思っていたんですよ。

そんな過去があるから、昨今の企業CMの炎上を見た時に、CMや企業を批判している人たちと自分の感覚は少し違うと感じたんですね。「ジェンダー炎上」を起こす人の気持ちもわからなくないというか。男社会でなんとか戦えていると思っていた、20年前の私のような人がそのまま管理職になると、「炎上」を起こすんじゃないかって。

中川:治部さんは経済誌の記者をやりながら、どこかのタイミングでジェンダーの違和感があったんだ。

治部:いわゆる「女性の視点」の記事を要求されることが、すごく嫌でしたね。「女性の視点」を端的に言うと、経済の話に明るくない女性に向けてややレベルを落として書くことなんです。女性が下に見られる感覚というのかな。

あと男性が接待される場に、女性の私が来てしまった時の「場違い感」。女扱いされることも嫌なのだけど、女性の方にひざをついてお茶を出されたり、家電の見本市でコンパニオンの女性に懇切丁寧に説明されたりした日にはもう……。

次ページ女性の政治部記者もたいてい美人なのはなぜ?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。