iPhone Xファミリーが遂げた超絶進化の全貌

フィル・シラー氏が明かすカメラ機能の秘密

アップルのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラー氏にiPhone Xファミリーの戦略について聞いた。写真は、今年9月の新製品発表会で登壇したシラー氏(筆者撮影)

2017年9月、最初のiPhone発売から10年を経てアップルが“新たな進化の出発点”として市場に投入したiPhone X。今年はその設計を踏襲し、性能・機能を強化したiPhone XSに加え、画面サイズを拡大したiPhone XS Max、バッテリー持続時間と費用対効果を重視したiPhone XRの3ラインナップで年末商戦に挑んだ。

加えてアップルは、新しい3製品すべてに、端末側でのAI機能(ニューラルネットワーク処理)を大幅に強化したA12 Bionicを搭載。クラウドのパワーを活用したAI処理(クラウドAI)に頼らず、ハードウェア端末内で完結する機械学習モデルによる機能強化に大きなリソースを投入する姿勢を見せている。

その一方で、ホームボタンを搭載する“従来の”iPhoneには新機種が投入されず、一部で後継モデルを求める声のあったコンパクトモデルiPhone SEの後継モデルもなかった。

アップルはiPhoneファミリー、およびiPhone Xで新しい系譜のスタートを切った。それぞれについてどのように考え、製品の未来を考えているのだろうか。

「iPhone Xファミリー」の位置付けは?

「iPhone XはiPhoneが目指すコアのビジョンへの道筋上にあるものです。生活の中で、沢山のことができて、簡単に使えて、どこにでも連れて行ける、という初代iPhoneからの基本アイデアは変わっていませんが、新しいテクノロジーや革新を通し、以前のiPhoneとは異なる違う形で表現、製品としてまとめています」

アップルのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラー氏はそう話した。

ここで“iPhoneの系譜”と“iPhone Xの系譜”を区別して伝えているのは、iPhone Xの系譜にのみ与えられている要素があるからだ。

その違いについて考察すると、3つの柱が見えてくる。ひとつは画面だ。

次ページホームボタンを撤廃した
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。