デキる営業とダメな営業を分ける圧倒的な差

営業マン自身が「自分」の特別を使う重要性

仕事以外の話抜きでお客さまと会う時間が取れるようになったら、自分のためにも時間を作ってみましょう。

最低でも毎日30分、「何もしない時間」を確保するのです。手帳にもしっかり書き込み、必ずその時間は必ず予定を入れないようにします。

そして、この30分は何もしません。本を読んだり、テレビを見たり、人と会ったり、ネットを見たりもしません。コーヒーを飲んだり、静かな音楽を聴いたりするくらいならかまいませんが、目や耳などを使って外から入る情報をストップし、ボーっとしてください。

強制的にボーっとする時間をつくると、最初は落ち着かないかもしれませんが、忙しく働いていた脳が休まり、リフレッシュされていきます。脳がリフレッシュされると、その後の時間は集中力が増して効率が上がります。

真面目な営業マンは、売り上げを上げたいときはなおさら、ちょっとでも時間ができると、アポイントを入れたり、資料などを読んだりと休む間もなく活動しがちですが、これは逆効果で、本来であれば考えることをストップしたときに潜在意識が働き出し、思考を整理したり、閃きを生み出したり、それこそ、抱えている問題の解決策や気になっていたことのヒントが頭に浮かびます。休まない状態だと潜在意識が働く間がありません。

何もしない。これも大事な時間の使い方なのです。

「特別」を使えば短い時間でより多くの成果が上がる

「あなたから買うことに価値がある」「あなたから買えてよかった」とお客さまに思ってもらえるようになるには、あなたの「特別」を売ることです。

営業が売るべき「特別」とは、あなたの「好きなこと」や「興味のあること」、つまり、あなたにとって「特別」なことです。お酒が好きならお酒があなたの「特別」であり、テニスが好きならテニスがあなたの「特別」です。映画、時計、外食、野球……、なんでもかまいません。

『営業は自分の「特別」を売りなさい』(あさ出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

先ほどのブランドの店員さんは「洋服とオシャレが大好き」という「特別」がお客さまにとって価値となっています。

彼は、自分の勤めるブランド店のアイテムすべてが頭に入っているので、どれとどれをコーディネートすれば、その人がいちばん引き立つかを瞬時に提案できるうえに、すでにお客さまが持っているほかのブランドのアイテムとの組み合わせも提案してくれるため、「彼から買いたい」人がたくさん集まってくるのです。

「特別」をお客さまに還元することに全力を尽くすことで、その結果、売り上げがついてきます。

人は価値あるものにはお金を出すからです。

トップ営業になる人は特別な才能を持っているのではなく、自分にとって特別なことを活用しているのです。

「特別」は誰しもが持っています。

「特別」と時間をうまく活用することで、誰もがトップ営業マンになれるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。