確定申告で通る「経費」と通らない経費の大差

漫画!2月までに知っておきたい「節税」のコツ

ちなみに「税務調査=マルサ」のイメージが先行していて"怖いもの"と思われていますが、そんなことはなく、あくまでも話し合いです。結局、チェックするのは税務調査官=人間です。ぱっと見で気になる箇所が多いと怪しまれますし、印象も悪いです。人間が調査するわけですから、印象点数というのはあると思います。

だからこそ、いつ調査をされても、きちんと自分の言葉で説明することが必要です。事業との関連性について相手を納得させる準備をおくことが、経費を扱う上で大切なことと言えるでしょう。

必要性と経緯をきちんと説明できればOK

次ページ経費の線引きは人によって異なる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT