確定申告で通る「経費」と通らない経費の大差

漫画!2月までに知っておきたい「節税」のコツ

経費についてよくある勘違いとして「確定申告の時に、領収書を全部提出しなくてはいけない」と思っている人が多いです。しかし、そんなことをしたら税務署の受付はパンクします。

「領収書の提出」は必要ない

税務署は受付時はその場で受理だけをします。そして、申告内容に気になる点があった場合などに、後から国が調査する権限として「税務調査」があります。

つまり、税務調査の対象となって税務調査官が来た時に、初めて領収書や経費を提出するシチュエーションが訪れるのです。法人は大体4~5年に1度来ると言われており、個人にくる確率は1~2%です。フリーランスがその場面にあたる可能性はかなり低いですが、0とも言えません。

次ページ経費の内訳を説明できるようにしておく
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT