「万引き家族」のアカデミー賞がありえるワケ

ライバルは「ROMA」に村上春樹原作の韓国映画

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『万引き家族』出演者と是枝裕和監督(写真: Pascal Le Segretain/Getty Images)

是枝裕和監督の映画『万引き家族』が、11月23日(金)、ついにアメリカで公開された。カンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞してから半年経っているが、感謝祭の連休にあたるこの季節は、アカデミー賞を狙う作品の公開時期として最も理想的だ。北米配給を手がけるマグノリアが早々とこの公開日を押さえたことにも、意気込みの強さが感じられる。

現状、『万引き家族』がアカデミー賞の外国語部門に候補入りする可能性は、極めて高い。パルムドールの受賞というお墨付きはもちろんだが、映画批評サイト「ロッテン・トマト」で99%(2018年12月7日時点)の肯定的な評価を受けるなどアメリカの批評家の評価も高く、一歩先に発表されたインディペンデント・スピリット賞の外国映画部門にもしっかり候補入りしている。

海外の批評サイトでもかなりの高評価(写真:ロッテン・トマトより)

もし予想どおり候補入りすれば、日本映画がアカデミー賞の外国語映画部門に食い込むのは、『おくりびと』以来10年ぶり。『おくりびと』は受賞も果たしたが、『万引き家族』にもそのチャンスはある。

ライバルは村上春樹や『ゼロ・グラビティ』監督

最大の強敵は、メキシコ。『ゼロ・グラビティ』でアカデミー賞の監督賞を受賞しているアルフォンソ・キュアロンが、再びメキシコに戻って撮影した自伝的映画『ROMA ローマ』だ。キュアロンはすでにハリウッドのメジャーで大活躍していることもあり、今作は作品部門にも候補入りすると思われるが、スペイン語の映画が作品賞を受賞したことは、今まで一度もない。それもまた、投票者を「ならばせめて外国語映画部門を」と後押しすることになりそうなのである。

ほかにも韓国からエントリーされている『バーニング 劇場版』、ポーランドの『Cold War』、スウェーデンの『Border』などは、いずれもカンヌで何かしらの賞を受賞しており、アカデミー賞候補入りも目指す。サンダンス映画祭でワールドシネマ部門の観客賞を取ったデンマークの『The Guilty/ギルティ』も、すでにアメリカで限定公開され、ロッテン・トマトで99%(2018年12月7日時点)という非常に高い評価を得ていることから、食い込んでくるかもしれない。

ところで『バーニング』は村上春樹の短編小説「納屋を焼く」が原作で、共同制作はNHK。次のアカデミー賞で、日本の映画ファンは、是枝裕和だけでなく村上春樹への応援もできるかもしれないということだ。

次ページ結果がわかるのはいつか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。