寂聴と磨く「源氏力」全五十四帖 一気読み! 「百万人の源氏物語」委員会編

寂聴と磨く「源氏力」全五十四帖 一気読み! 「百万人の源氏物語」委員会編

源氏物語は恋愛の教科書であるだけではなくて、一生のうちに誰もが経験する苦悩や挫折、虚しさもしっかりと描かれ、読むことで人生を生ききる力がついてくる。物語は進むにつれて単純な色恋だけで終わらない、人生の悲哀が描かれる。特に光源氏が老いて去っていく34帖若菜・上から41帖幻/雲隠、さらに孫や子どもの話になる42帖匂宮以降までに至ると、完璧ではない人間の生きるさまが丁寧に描きこまれる。

本書により全体を俯瞰し、漫画(大和和紀『あさきゆめみし』)で登場人物の顔を覚え、それから現代語訳を読み、さらに原文にあたってはどうかと瀬戸内寂聴は薦める。FMラジオの好評番組をベースに物語の基本要素を盛り込む。

集英社新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。