小5で不登校になった少年が見いだした「道」

親の「いいね」が子どもの人生を変える

バンドを20年続けてこられたのは、「バンドが楽しい」とか「音楽が好きだ」というポジティブな感情も原動力のひとつとして欠かせなかったと思います。

それを体験できたのは、たくさんの方々の優しさと支えがあったからで、その恩返しとして、今度は僕らが今の子どもたちにも、自分が好きなこと、楽しいと思えることを体験できるような居場所を作れないかと考えています。

「好きと生きる」ためのサポートを

好きなことを得意なことにしていき、それがやがて仕事に繋がっていくようなサポートができないかなって。

一人でも多くの子が自分の「好きと生きる」ことができるような、そういうワクワクする実感を得られる居場所にしていきたいですね。

不登校については「これですべてOK」という正解もアドバイスもないと思います。だからこそ、不登校した僕に何ができるのかを、今後も考え続けるつもりです。

そのなかで「不登校もひとつの生き方なんだ」という「希望」をメッセージとして伝えていきたいし、それを肌で実感できる居場所も大切にしていきたい。

「講演ライブ」でも、新たな居場所づくりでも、僕は僕なりに言える「大丈夫」をこれまでと変わらず、届けていきたいと思っています。

――ありがとうございました。

(聞き手・小熊広宣)

■プロフィール
山崎 史朗(やまさき しろう)/1983年生まれ。小学5年生から中学校卒業まで不登校を経験。1998年に、双子の弟である山崎雄介(ドラム)、八田典之(べース)らとともにバンド「JERRY BEANS」を結成、ボーカル・ギターを務める。2009年、不登校だった過去と向き合い、語りと音楽で伝える「講演ライブ」を始め、現在では年間100本以上のライブをこなす。

 

自主企画ワンマンライブ情報
「今年もありがとう2018」
皆さんのおかげで、結成20周年となるこの一年も楽しく活動することができました。新たな出逢いや、笑って再会できるつながりが、心から嬉しいです。
一年分の“ありがとう”を演奏に込めてお届けします。是非、遊びに来てください。
【開催概要】
日時:2018年12月9日(日)
16時~18時(開場は15時15分)
(ファンクラブ会員の方は15時より入場可能、会員カードをお持ちください。)
会場:ビバシティホール ビバシティ彦根2階(滋賀県彦根市竹ヶ鼻町43-1)
参加費:無料(予約不要)
不登校の関連記事
不登校と子どもの自己肯定感、ほめる以外にもコツがあります。
妹ばかりかわいがってずるい!イライラして母親にあたったワケ
子どもを支えるために必要だった「子どもから離れる」時間【不登校からの母親日記】
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。