ホンダ「CRF450L」本格オフロードの真価

レースから生まれたデュアルパーパスモデル

対して、林道での走りは秀逸だ。

レーシングマシンそのもののフレームとサスペンション回りのお陰で、出力制限されたエンジンとは言え、車体は元来もつコーナリングスピードの楽しさを満喫することができた。さらに言えば、水を得た魚の如く、林道でのサスペンションアジャストこそハンドリングにすぐ成果が表れた。

オフでこそ本領発揮のCRF450Lと筆者、卓越した車体性能を楽しめる(写真:筆者提供)

林道ではまずスタンダードの状態での走行からスタートし、走行を重ねながら前後サスペンションを大きく動かす方向にセットを施すことでさらなる路面追従性を体感できた。このあたりの、わずかなセット調整が可能なところこそ、レーシングマシンそのものと言えるゆえんだ。弱アンダー気味のハンドリングをスロットルワークとピッチング操作で向きを変えていく。

また、ブレーキング性能もコントローラブルで特筆に値する。この精度の高いハンドリング性能こそ、レーシングマシンと同じ車体性能の旨味と言えるのではないか。

レーシングマシンを公道で!

純レーシングエンジンを国内公道走行に適合したエンジンとして作り込んできたホンダ。出力こそ控えめではあるが騒音規制もクリアしたことは驚愕だ。そして車体に関しても競技マシンCRF450Rと同じと言っていい仕上がり。さらには保安部品まで、レーシングマシンCRF450Rと70%以上の部品を共有しているというから納得できた。

モーターレーシングがお好きな方であれば1度は考えたことのある「レーシングマシンを公道で!」。これをまさにメーカーが可能にしてくれた夢のマシンだ。

もちろんアスファルトの上でも楽しむことができるCRF450Lと筆者(撮影:尾形文繁)

多くの方に夢の実現を可能にするために、車高も下げた。エンジン出力も下げた。保安部品の装着で重量も増加した。販売価格は高くなった……。

しかし、それらはどれも「ほんの少し」という程度と判断していいだろう。

本物の持つオフロード性能を多くの人に体感してもらえる貴重な1台は、129万6000円(税込)で国内500台の販売だ。 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT