不登校児を救い「若者をつなげる」支援の裏側

否定せずに1人の人間として大人がかかわる

:何がその生徒さんのスイッチを押したのでしょうか?

今井:「対等に扱ってくれている」とか、「話を聞いてくれそうだな」という雰囲気は見ている気がします。

「一人ひとりの若者が希望を持てる社会を」

:不登校やひきこもりへの対応は十分でしょうか? 全国的に、働く意欲や機会、社会との接続を失っている若者たちが放置された状態が続いていくと、未来はどうなっていくと考えていらっしゃいますか?

今井:少子化で働く若者が減るというのは、企業や経済活動にも影響すると思います。仮に本人たちが望んでいるのに働けていないとしたら、本人たちは希望がなくきつい状況に陥ってしまう。経済的にも、本人たちの経済状況、貧困状態にも結び付いていくと思います。それはかなり大きな問題になってくるだろうと考えています。

:実際に、40代、50代の引きこもりの問題が深刻になってきています。固定化されたら将来にわたって大変ですよね。

今井:そうですね。特に日本の場合、固定化しやすい。いったん孤立すると、なかなかそこから動けないということが実際にあります。

:それは、雇用の流動性が乏しいからでしょうか?

今井:それもありますし、周りに助けを求められないというのも要因です。親、先生、さらに友達からも否定され身動きが取れなくなってしまったら、なかなかそこから一人の力で上がっていくのはしんどいと思います。

:海外にルーツを持つ子どもたちも増えてきていますし、セクシャリティについて悩みを抱えたまま孤立しているLGBTQの子どもたちもまだまだ多いと思います。今後の課題として思うところありますか?

今井:そうですね。外国人支援もLGBT支援もどちらもかかわっていますが、外国人支援はまだまだこれから。LGBT支援では、特に高卒のトランスジェンダーの子どもたちの就職環境がまったく整っていない。現実的に僕もぶち当たった問題です。トランスジェンダーの子でも、大卒であればLGBTフレンドリーの企業がある程度あると思うのですが、高卒のLGBT フレンドリー企業はまだまだ見えてきません。

一人ひとりの若者が希望を持てる社会を(写真:©︎認定NPO法人D×P)

:最後に、クラウドファンディングを通じて何を伝えたいですか?

今井:一人ひとりの若者が希望を持てる社会を一緒に作っていくというのが大切だなと感じています。今事務所を増設することで、支えられる生徒の数をどんどん広げていくことができる。若者支援は、社会保障費も上がってくるので、これからどんどん行政から支援を得にくくなるのではないかと懸念しています。だからこそ、民間がサポートしていかないと厳しくなる。僕たちがやっていかないと、少子化なのに若者が苦しんでいる状況が続いていく。それを解決するために、皆さんの力をお借りしたいなと思います。

認定NPO法人D×Pについては「GARDEN」当該記事へ
GARDEN Journalismの関連記事
シリア人ジャーナリストが語る安田純平さん拘束現場イドリブ県の民主化運動
【児童労働根絶】児童労働1億6千万人以上 現場を知ってほしい
【発達障害子ども支援】臨床心理士のチームで子ども一人ひとりの特性にあった支援を 理解者を増やす取り組みも
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。