池袋にひっそり建つ「小さな学園」の建築物語

自由学園明日館を360度カメラで探訪

かつての礼拝部屋はカフェとして利用されている(編集部撮影)

今、全国各地で文化財的な建築を見学すると、建物の内部にはカフェがあったり、館内が教室や集会向けの貸しスペースになっていたりすることが多い。そのような動態保存の先駆的な例となったのが、まさにこの自由学園明日館だった。

明日館では、2001(平成13)年の保存・修理工事の完成の後は、入場料を取って建物を一般に公開。また建物内の貸出も行っていて、結婚式場として人気があるほか、その他のパーティや展示会にも用いられ、テレビドラマや映画、コマーシャル、ファッション撮影などもよく行われている。

道路を隔てた向かい側には、遠藤新設計の講堂があり、こちらは弦楽や声楽のコンサート、ピアノ発表会などに利用されている。校舎側の正面中央のホールは、女学校であった当時に生徒たちが毎朝の礼拝をしていた部屋だが、現在はカフェにもなっていて、大きな窓から前庭の緑が見える魅力的な空間だ。ここでお茶のひとときを過ごすことを目的に訪れている見学者も多いようだ。

月に1度、第3金曜日には夜間見学日があり、夜の明日館の雰囲気を楽しむこともできる。また、桜の季節には桜を見る会、夏の夜には芝生でビールを飲むビアテラス、11月にはボージョレ・ヌーボーを楽しむ夜、2月には暖炉をたいてクラフトビールを楽しむ夜などのイベントも行われている。講堂では月1回東京音楽大学の学生による無料のホリデーコンサートもあり、明日館では文化財を使いながら保存していく手法をますます充実させている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。