抜かれたら抜き返す、トヨタ「アクア」の意地

低燃費競争はメートル単位の戦い

画像を拡大
スポーティな乗り味を追求した「G's」(222万円)も発表

一方、ホンダの開発幹部は「トヨタさんも大人の対応をしてくればよかったのに。わずかに抜き返すなんて」と苦笑いする。だが、トヨタからすれば「われわれは燃費ナンバーワンをうたってきた」(橋壁氏)というプライドがあり、いつまでもフィットの後塵を拝する気はなかったようだ。

もっとも、意識するのはフィットだけではない。「軽自動車だって脅威だ」(橋壁氏)。スズキの「アルト エコ」(35.0キロ)やダイハツ工業の「ミライース」(33.4キロ)のように、軽でも30キロ超えが当たり前になってきている。価格では太刀打ちできないだけに、燃費の差を広げる必要がある。

リッター37キロが限界?

さて、とどまることがない燃費競争はどこまで進むのか。

アクアのHVシステム開発を担当したHVシステム開発室主査の上原隆史氏は「今は37キロでいっぱいいっぱいだが、限界はないと思ってやっている」と語る。

カーボンボディで軽量化したり、軽快な走りを犠牲にしたりするなど、コストや商品性を無視すれば「今でも40キロはいける」(上原氏)。実際には、200万円未満のコンパクトカーというカテゴリーで実現できる技術という制約があり、「カンナで削るように少しずつ燃費を向上させていくしかない」(同)という。

地道な積み重ねによる燃費改善競争が今後も続きそうだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT