米朝高官協議ブッチした北朝鮮の「腹づもり」

アメリカを脅しにかかっているのか

2度目の首脳会談は適切に行われるのであれば、米朝の対話をトップダウンで進展させるいい機会となる。そこで建設的な対話がなされれば、双方の間で真剣な合意が交わされ、二国間関係の改善に向けた取り組みが着実かつ不可逆的に始まり、核の脅威の低下と地域の安定へとつながる可能性もなくはない。

だが、これまでの交渉結果を見るかぎり、双方がどこまで歩み寄ったのか、また北朝鮮の非核化について現実的に何が達成可能なのかは依然として明らかになっていない。

そもそも先にキャンセルしたのはアメリカ

現在のところ、交渉は北朝鮮のルールにのっとって進んでいる。高官協議を土壇場でキャンセルしてくることは、もちろん想定外の事態ではなかったが、金正恩氏が現状に不満を持っているというメッセージを伝えるには十分なインパクトがあった。そうすることで北朝鮮は、アメリカと韓国に軌道修正を迫ろうとしているのかもしれない。これはあくまで仮定にすぎないが、仮にアメリカ政府がこれからの交渉に強硬路線で臨む方針を検討していたのだとしたら、そうした考えは改めよ、ということである。

もしかしたらアメリカは短期的な成果を手に入れようと態度を軟化させる気になるかもしれない。しかし非核化がなければ譲歩はないという、これまでのスタンスを貫き、強気に出ることもできる。

そもそも1回目の米朝首脳会談を突然、キャンセルしたのはアメリカのドナルド・トランプ大統領だった。しかし、それでも両国は結果的に首脳会談を行った。

今回もしばらくしたら、これと同様のパターンを私たちは目にすることになるのかもしれない。

(執筆:スー・キム)

筆者のスー・キム氏は米中央情報局(CIA)の元北朝鮮分析官。主に北朝鮮の指導体制、核開発、プロパガンダを分析。2015年には米国のシンクタンク、民主主義防衛財団(FDD)にフェローとして在籍。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT