J-REITがこれからも堅調と言える3つの理由

「金利上昇」でも投資先としてやっぱり有望

実は、金融緩和による超低金利の恩恵を受け、J-REITが調達する有利子負債コストは低下傾向にある。2018年9月末時点で、J-REIT市場全体の有利子負債の調達コストは0.71%。2017年12月末の0.76%、2016年12月末の0.83%と比べて、それぞれ5bps、12bps低下し、2010年以降は低下傾向が続いている。平均残存年数も長期化傾向が続いており、将来の金利上昇リスクにも対応していると言える。

こうした好調なファンダメンタルズや外部環境を背景に、J-REIT市場全体の1口当たり分配金は、2011年下期~2017年下期の6年間で+21%(年率+3.5%)の増配を達成してきた。また、2018年上期のJ-REIT市場全体での1口当たり分配金は、前年同期比+5%となり、その増配幅は堅調さを保っている。

このように、J-REITは高いインカムゲインが期待できることに加え、景況感の改善を背景に、分配金の増加も期待できる金融商品であり、個人投資家の資産形成に有用と言える。

東証REIT指数は2000ポイントを目指す?

ここでJ-REIT市場が創設された、2001年9月10日から2018年9月末までの約17年間における、過去のパフォーマンスを振り返ってみよう。

国内の代表的な株価指数であるTOPIXの+72%に対して、東証REIT指数は+77%と少しだけ上回る程度だが、配当込みのトータルリターンは、TOPIX(配当込み)の+132%に対して、東証REIT指数(配当込み)は+281%と、大きなパフォーマンスを残している(一部SMBC日興証券推計)。これはまさに、長期投資による「インカムゲイン」が積み上がったことで実現した高いリターンと言える。

では、東証REIT指数はこれからどう推移していくのか。小社では、強気の見解を示している。上記のように好調なファンダメンタルズや低金利環境に支えられ、同指数は2000ポイントを目指すと期待している。

ちなみに、同指数が2000ポイントに達した場合、J-REIT市場全体の想定分配金利回りは3.7%だ。2013年半ばから2015年半ばにかけて分配金利回りスプレッド(J-REITの分配金利回り-長期金利)が3%前後だったことを勘案すると、仮に長期金利が0.5%まで上昇したとしても、同水準の金利差は確保できる水準で、さらなる上昇が狙えると考える。

次ページESGに配慮した不動産で、価値はさらに高まる可能性
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT