新型「ラングラー」でジープファン激増なるか

昨年は1万台超え達成、今年は1万2000台狙う

――日本市場での今後の戦略を教えてください。 

FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長はジープの日本での販売拡大に強い自信を示す(撮影:今祥雄)

2008年に日本社長に就任し、2009年から「グロージープ(Grow Jeep)戦略」を実行中だ。この3年で、販売店舗数を30%増やしたり、店舗のリニューアルを進めたりしたほか、キャンプやアウトドアに最適のオフロードカーブランドというイメージの訴求に努めた。30代後半という若いファミリー層に支えられている。

戦略を始めた当初から販売台数は10倍になり、昨年初めて1万台の大台を突破した。これはわれわれの長年の目標だったので、非常に誇りに思っている。

――ジープの世界販売は昨年約139万台で、そのうち日本市場は1%弱です。この先、どのように伸ばしますか?

ジープの世界販売全体で見ると確かにアメリカや中国が強く、日本は数%だが、来年以降はさらに日本の販売店舗数を20%増加させる。今後も日本での伸びに本社も大いに期待している。

ジープの統括責任者がFCAの新社長に

――FCAでは、今年7月にセルジオ・マルキオンネ前CEOが急逝しました。2014年にイタリアのフィアットとアメリカのクライスラーの統合を決断したカリスマ経営者亡き今、新たなFCAの方向性はどうなるのでしょうか。

ジープブランドでは昨年、「コンパス」も約5年ぶりに刷新された。FCAは世界的なSUVブームを追い風に日本市場にも攻勢をかけている(記者撮影)

マルキオンネ氏は亡くなる直前の6月1日に、5カ年計画を発表していた。この方針にのっとって進めていく。後任は、ジープの統括責任者を9年間務めてきたマイク・マンリーCEOだ。ジープの近年の成功は彼の功績だといってもいい。ただ、今はバランスを考えながら経営を進めるのが彼の仕事だ。

彼はアジア統括も4、5年務めていたため、アジアに特化した戦略が出てくる可能性もある。中国の長城汽車がジープを買収するのではという話は……。ただのうわさですよ(笑)。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT