2人目を欲しがる放蕩DV夫とは別れるべきだ

あなたを繋ぎ留めるための打算かもしれない

経済的にも育児家事面でも全然当てにできない夫との今後に、不安しかないんです(写真:yamasan / PIXTA)

※ミセス・パンプキンへの人生相談および、家族関係や親子問題のお悩み相談は専用メール専用サイトで受け付けています。質問は400字以内でお願いします。回答は既出の相談と内容が被らないものを優先し、本連載で掲載します。

私は30歳、夫は46歳で、1歳半の娘がいます。私は会社員で月の手取りが19万円ほどあり、私の会社の社宅に住み、実質私がわが家の稼ぎ頭です。家計費に非協力的な夫との生活を継続すべきか、悩んでいます。
儲かっていない自営業の夫は、生活費として毎月10万円を家計に入れるのみです。私が妊娠、出産のため働けなかったときでさえ、月々10万円以外は家計に協力しませんでした。そのくせ高額な食材や商品ばかりを欲しがり買ってきます 。
国民年金は一度も払っておらず滞納しており、その督促状は世帯主である私のところに来ます。子どもと夫を養わねばならないプレッシャーから、私はフルタイムで復職し、仕事、育児、家事に奔走する日々です。
夫は、育児家事はほとんどしません。また激昂しやすく、怒ると物に当たったり、 怒鳴り散らします。こんな経済的にも育児家事面でも全然当てにできず、思いやりがあるわけでもなく、そのくせ無年金で将来的には娘のお荷物になること確定の夫と一緒にいてもいいのでしょうか。親や友人は離婚を勧めています。
夫は2人目の子どもを望んでいますが、そんな気にはなれません。今後のことを考えると夜も眠れないくらい不安になりますが、こんな人生でよいのでしょうか。
さとみ(仮名)

10万円という金額よりも気になること

勤労意欲のない夫や、外で借金を平気で作る夫を持つ人から見れば、あなたの夫はまだ我慢できるではないか、と言う人もいるかもしれません。

この連載の記事一覧はこちら
 

しかし私は、基準を下げて我慢すること自体が賛成できません。夫が出す10万円という金額よりは、出産休暇中でさえその金額しかくれず、その割には自分は物欲が旺盛でぜいたく品を平気で買い、将来的にもあなたに頼りっぱなしの彼の無責任さにあなた同様、信用が置けません。

次ページ真剣に話し合うべきと言いたいところだが…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT