2人目を欲しがる放蕩DV夫とは別れるべきだ

あなたを繋ぎ留めるための打算かもしれない

どんなに稼いでも、収入以上の出費や無計画な経済感覚なら、いずれ行き詰まるのは必定です。まして儲かっていない自営業者ならなおさらです。あなたの夫は毎月10万円さえあなたに渡しておけば、しっかり者のあなたのおかげで一生安泰だと計算しています(ここだけ計画的です)。

あなたへの感謝や申し訳なさがあれば、すぐに激高したりモノに当たるなど、できることではありません。私はその額の少なさもさることながら、その根性が許せません。あなたの悩みも、その点にあるのだと拝察します。

普通はあなたのおかげで社宅に住んでいることも考えれば、今、その分も貯蓄できていて当たり前なのです。子どもが大きくなるにつけ、どれだけ費用が掛かるか考えれば、今がいちばんの頑張り時。なのに彼は今の自分自身を食わせることもできていないのです。それで2人目が欲しいとは、夫や父親としての愛情より、あなたを自分につなぎとめるための打算ではないかと疑ってしまいます。

短い相談文からも彼と人生を共に歩むのは、余程の理屈を超えた愛情がないかぎり、難しいように感じました。ご両親やご友人たちがこぞって離婚を勧めるということは、彼の人間性に相当な問題があるのでしょう。親や友人が離婚を勧めるなど、尋常な状態ではありません。

愛情・尊敬・信頼がない結婚に意味はない

さて、あなたの今の悩みのひとつは、“子どもさんから父親を奪うか否か”にあると思います。

ところで当相談室のコラムから抜粋し、大幅に改正・加筆・新規書下ろししたものが書籍化され近々発売されます。

そこでは、“ひどい親ならいないほうが、どれほど子どもにとっても幸福であるか”を、詳しく例を挙げて述べさせていただきました。

本書では、お互いに敬愛し、信頼関係で結ばれた夫婦であるためには、普段こそお互いに、いかに誠実であらねばならないかを、書き連ねてきました。

そして離婚は必ずしも人生の敗北ではなく、幸福を求めて、人生とまじめに向き合った人の選択肢であることも、詳しく述べさせていただきました。

どんな親でもいないよりいるほうが子どもにとっては幸せ、という考えも幻想にすぎないのです。

あなたさえ我慢すれば解決する問題ではなく、将来、夫が子どもに迷惑をかける存在になるというあなたの不安の的中率も、相当に高いのです。現在夜も眠れないほど悩み、将来も不安となれば、その結婚の継続理由が見当たりません。

人生をリセットして、母子の人生を心身ともに豊かに過ごすことを計画されるほうにエネルギーを使われるほうが、よいと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT