アマゾンは「決算失望売り」で株価5%安

第3四半期売上高と業績見通しが予想届かず

 10月25日、米アマゾン・ドット・コム第3・四半期決算は、売上高が市場予想を下回った。ワシントン州ケントで24日撮影(2018年 ロイター/LINDSEY WASSON)

[25日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の第3・四半期決算は、売上高が市場予想を下回った。第4・四半期の売上高・営業利益見通しも予想に届かず、アマゾンの株価は引け後の取引で5%超下落した。

第3・四半期の純売上高は565億8000万ドルと、前年同期の437億4000万ドルを上回ったものの、市場予想の571億ドルを下回った。

純利益は28億8000万ドル(1株当たり5.75ドル)と、前年同期の2億5600万ドル(同0.52ドル)から増加した。

総経費は21.8%拡大し、528億5000万ドル。プライム会員プログラムや食料品配達サービス、独自動画コンテンツ拡充に絡む大型投資が響いた。

クラウド事業のアマゾン・ウェブ・サービシズ(AWS)の売上高は45.7%急増の66億8000万ドルで、市場予想の66億7000万ドルを上回った。

第4・四半期の純売上高は665億─725億ドル、営業利益は21億─36億ドルとの見通しを示した。ファクトセットのまとめたアナリスト予想は売上高が739億ドル、営業利益が38億7000万ドル。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT