トヨタがクルマの売り方の将来に抱く危機感

所有意識変化やEV化に向け新型ローンも

レクサスの新型SUV「UX」の米国仕様モデルから始まる「新しいクルマの売り方」とは?(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

トヨタ自動車は近く発売するレクサスのSUV「UX」の米国仕様モデルから「サブスクリプションサービス」を開始する。サブスクリプションサービスとは、自動車産業で最近注目されている新たなローンで、いわばマイカーの「賃貸契約」。利用期間に応じて料金を払って自動車に乗る仕組みだ。

維持経費コストが含まれ給油サービスなどにも対応

トヨタのサブスクリプションサービスの詳細は明かされていないが、今後、このサービスは自動車業界全体で拡大していくと見られている。すでにBMWは毎月定額で約9万円払えば、好きなクルマを選んで乗って、それを取り替えてもOKという販売手法を一部地域で導入する計画を打ち出している。ボルボも同様の販売手法を強化していく方針を示している。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

一般的にサブスクリプションローンには、損害保険、車検、税金などのクルマの維持管理コストが含まれているうえ、オプションで、洗車やガソリンスタンドでの給油サービスなどにも対応する。スマートフォンキーを用いて、クルマのトランクを宅配ボックスとして活用して不在時に荷物を受け取るサービスも想定されている。

こうしたやり取りがスマホを活用したプラットフォーム上でできるようになり、顧客の利便性は増す。同時に自動車の販売店は、ユーザーのニーズをくみ取り、きめ細かに対応する高級ホテルのコンシェルジュ的なセンスが求められる。

サブスクリプション契約はこれまでソフトウエアの販売などで用いられてきた手法。たとえば、ウイルスバスターのサービスはパソコン購入時などに契約すれば契約期間中は、最新版を更新し続けられるのがそれに当たる。

なぜ、自動車業界でサブスクリプションローンが拡大していくのか。その解はカーシェア・ライドシェアの爆発的な普及と、EV化にある。

次ページ国内でもカーシェアが普及している
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。