楽天と西友「ネットスーパー」への期待と不安

関東中心に展開、取り扱いは最大2万品目に

楽天と西友は10月25日から共同で運営するネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」を本格オープンした(撮影:梅谷秀司)

「日本一のネットスーパーにしていきたい」――。楽天の小森紀昭執行役員は力を込めてそう語った。

ネット通販(EC)大手の楽天と米ウォルマート傘下で食品スーパー大手の西友は10月25日、両社で共同運営するネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」を本格オープンしたことを発表した。

配送能力は1.5倍に増加

西友は2000年からスーパー業界の中でいち早くネットスーパー事業に参入し、運営ノウハウを蓄積してきた。一方、楽天はEC運営の豊富な知見を持つ。今回始動した楽天西友ネットスーパーは9900万人の楽天ポイント会員を基盤に、両社の強みを融合したサービスを打ち出すことで、事業展開を加速する。

楽天と西友はネットスーパーの開始に合わせて、物流網を拡張したことも明らかにした。千葉県柏市にネットスーパー専用センターを建設したのに加え、都内数カ所に配送拠点を設置した。専用センターは冷蔵・冷凍庫を完備し、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯で商品を保管することができる。 

この物流センターと合わせて、都内のネットスーパー対応店舗で商品をピックアップして配送する従来からの仕組みを組み合わせることで、「配送能力が1.5倍になる」(西友の竹田珠恵執行役員)という。

今回の協業を機に品ぞろえも増やす。西友がこれまで軸にしてきた生鮮食品をはじめとする食品や日用品のほか、カット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡便商品を拡充。加えて、「楽天市場」で人気のお取り寄せグルメなども展開し、最大2万品目を取りそろえる。

次ページライバル勢の動きは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
AI店舗の衝撃<br>トライアル、サツドラの挑戦

九州地盤のスーパーと北海道のドラッグストアチェーン。日本の両極で、AI・ハイテクを駆使した近未来店舗が誕生している。デジタルサイネージ広告、AIカメラ、スマートレジ、スマホアプリ……。AI店舗の最前線をルポ。