楽天と西友「ネットスーパー」への期待と不安

関東中心に展開、取り扱いは最大2万品目に

10月25日の楽天と西友の記者会見には、タレントの辻希美さんも駆けつけた(撮影:梅谷秀司)

当面は東京、神奈川、千葉、埼玉など関東地区での展開に集中する構え。共働き世帯が増加する中で、30~40代を中心とする主婦層の「調理や買い物などの時間を減らしたい」との時短ニーズを取り込む狙いだ。ECに詳しい富士経済・東京マーケティング本部の栗田洋一郎氏は「ネットスーパーをはじめ食品類の通販購入には一定の需要があり、今後も拡大していく方向」と見通す。

競合もネットスーパー事業を強化

需要増を見込み、アマゾンは2017年4月に宅配サービス「アマゾンフレッシュ」を始めた。同年6月には配送対象エリアを東京6区から東京18区、そして千葉県と神奈川県の一部地域に拡大。対象商品も7万点から17万点に大幅に増加した。

また、アマゾンは2017年7月からプライム会員向けサービス「プライムナウ」でも、野菜やフルーツなど生鮮食品の取り扱いを開始。注文から最短2時間で顧客に商品を届けることができる。

GMS(総合スーパー)最大手のイオンも、子会社イオンリテールの約200店舗を拠点に、ネットスーパーを全国で手掛ける。現在、注文手続きをスムーズにするために、年内完成を目指してネットの注文画面を改良している。

各社が注力するとはいえ、日本でネットスーパーを展開する企業の多くは、充分な収益モデルを築けていない。高度な鮮度管理やきめ細やかな物流網構築が求められる一方、商品の単価が低く採算性が低いためだ。

次ページ継続的な成長には”疑問符”
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。