「Apple Watch」に残された拷問・殺害の証拠

外で待つ婚約者のiPhoneと同期されていた?

カショギ氏の支援者たちはカショギ氏の写真を掲げながらイスタンブールのサウジ領事館前で抗議運動を行った(写真:REUTERS/Murad Sezer)

[イスタンブール(ロイター)]- 著名なサウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・アフマド・カショギ 氏の失踪に関するトルコの調査によって、カショギ氏が着用していた「Apple Watch」に、彼が拷問を受けて殺害されたことを示す録音がされていたことが判明したと、10月13日にトルコの新聞社が報道した。

親政府派の英字新聞「Daily Sabah」のこの報道は、すぐには裏付けが取れなかったが、カショギ氏の失踪に関する合同捜査のためにサウジアラビア代表がトルコ入りした後に表面化した。

Apple Watchのメモリー内に録音されていた

「カショギ氏が尋問され、拷問を受けて殺害された様子がApple Watchのメモリー内に録音されていた」と同紙は報道する。さらに、そのApple Watchはカショギ氏のiPhoneと同期設定されており、彼の婚約者がそのiPhoneを領事館の外で持っていたという。

二人のトルコ高官が先日ロイターに対し、カショギ氏は領事館の中へ入った時、黒いApple Watchを着用しており、それは領事館の外に残したiPhoneと同期されていたと語った。

しかし、カショギ氏のApple Watchからのデータが建物の外の携帯電話に送信が可能だったのか、あるいは、調査員は彼のApple Watchを入手せずにどのようにデータを見つけ出すことができたのか、という点が明らかではなかった。 

テクノロジーの専門家たちは、Apple Watchが大使館内での行為を録音し、それがiCloudのアカウントへアップロードされたという可能性は非常に考えにくいという。Apple Watchのほとんどのモデルは、同期設定されているiPhoneから9〜15m以内に置かれていないとiCloudへデータをアップロードすることができないためだ。

ワイヤレスで直接クラウドと接続できる新型モデルでさえ、近くのWiFiネットワークへの接続か何らかのセルラー接続が必要で、専門家によるとトルコではそれらが利用できない。

次ページ何が録音されていたのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT