「ホテル空白地帯」渋谷は東急開業で変わるか

潜在力は高いが、「ピント外れ」が3点ある

広々としたスーペリアコーナーツインでは渋谷の夜景が楽しめる(写真:東急ホテルズ)

渋谷駅周辺で東急電鉄が中心となって進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトのうち、東横線地下化後の旧地上ホーム跡地などを利用した「渋谷ストリーム」が9月13日に開業した。

注目の渋谷エリアで新規ホテルがオープン

渋谷ストリームといえば、2019年のグーグル日本法人の本社移転が話題になりがちだが、筆者は「ホテル空白地帯」ともいえる渋谷でのホテル新規オープンということで、「渋谷ストリームエクセルホテル東急」(以下、「ストリームエクセル」)に注目した。

東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

運営元の東急ホテルズは、ラグジュアリークラスの「東急ホテル」、シティホテルの「エクセルホテル東急」、ビジネスホテルに該当する「東急REIホテル」の3ブランドを擁し、エクセルホテル東急ブランドでの出店は全国で9店目、渋谷ではマークシティ内にある「渋谷 エクセルホテル東急」(以下、渋谷エクセル)に次いで2店目となる。

開業当日、同ホテルに宿泊してみたが、快適なだけでなく、ユニークな取り組みも行われており宿泊それ自体を楽しめるホテルだと感じた。一方、客室数、ターゲットとする客層、ホテルフロア構成という3つの観点で“外している”と思われる部分がある。以下、この3つの観点を切り口にレポートする。

①渋谷のホテル需要を満たせない

ストリームエクセルの客室数は全177室で、内訳はシングル(20㎡)が25室、ダブル(23.8~24.8㎡)が99室、ツイン(30~43㎡)が40室、デラックスルーム(46.5~49.8㎡)が13室となっている。

もっとも部屋数の多い「スタンダードダブル」(写真:東急ホテルズ)

ダブルが多い理由について、総支配人の杉野仁美氏は「インバウンドのお客様、特に欧米系のお客様はカップルでも夫婦でもダブルをご所望されるケースが多い」という。

この177室という部屋数の適否については、渋谷全体のホテルマーケットの状況から考察する必要がある。まず、渋谷のホテルの施設数は2016年3月時点で56施設あり、台東区(76)、港区(71)、中央区(64)に次いで4位だが、部屋数は1位の港区の1万9649室の4分の1程度の4994室で、8位にとどまっている(東京都福祉保健局)。

次ページ渋谷には街を代表するようなホテルがない
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。