「ホテル空白地帯」渋谷は東急開業で変わるか

潜在力は高いが、「ピント外れ」が3点ある

③ ホテルが高層階にない

さらに、渋谷ストリームは14階から35階の上層階をオフィスフロアにし、ホテルはフロント、ロビー、バー&ダイニングを4階、客室を9階から13階にとオフィスより下層にしている。これは一般的なホテルフロア構成の定石から外れている。

フロントも今までのエクセルホテルとは、大きくイメージを変えた。上:渋谷エクセル、下:ストリームエクセル(筆者撮影)

このようなフロア構成にした理由については、「周囲には今後超高層ビルが建つことで、客室を上層階に設置しても眺望が望めない方角がある一方で、別の方角では中層階でも眺望を確保することができたため」(東急電鉄広報部)と説明する。

ただし、これはこれで面白く、4階のレストランの窓際に座ると、話題になっている縦軸の移動空間「アーバン・コア」を行き交う人々の息づかいや渋谷の街の鼓動が聞こえてくるようで窓外の景色を眺めていても飽きない。インバウンドの観光客の中には、建ち並ぶ雑居ビルが「渋谷らしくクールだ」という人もいるそうだ。

各客室フロアに設けられたユニークな取り組みも

さて、ストリームエクセルは3つの観点で“外している”ものの、落ち着いて泊まるにはとてもいいホテルだと思う。177室という部屋数は渋谷全体を考えると首を傾げたくなるものの、きめ細やかなサービスが行き届きやすく、ユニークでチャレンジングな取り組みも行いやすい規模感なのだろう。

実際に泊まってみると快適なだけでなく、なかなか面白いホテルだということがわかった。ユニークな取り組みの代表例が9階から13階の各客室フロアのエレベーターそばに設置されている「マイスタールーム」だ。フロアごとにフード、スタイルケア、シューケア、アクティブ、ドリンクというテーマが設定されている。

シューケアマイスタールーム。靴を預け、手入れ後に受け取ることも可能だ(筆者撮影)

10階のシューケアのマイスタールームでは、火水木の午後のみとなるが、プロの靴磨きの職人に無料で靴の手入れをしてもらうことができる。「オシャレは足元から」ということで、普段、自分ではなかなか行き届かない靴の手入れをしてもらうと、不思議と気分もシャキッとする。

次ページさまざまな用途での利用が考えられる
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。