ノーベル賞で脚光「がん免疫療法」の最新事情

開発中の新薬は多いが、落とし穴もある

今年のノーベル医学・生理学賞の発表。スウェーデンのカロリンスカ研究所は「受賞者の多大な発見は、がんの闘いにおいて画期的な出来事だ」とたたえた(写真:TT News Agency/Fredrik Sandberg via REUTERS)

本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大学特別教授が、2018年のノーベル医学生理学賞を受賞することに決まった。受賞の理由は、がん細胞にかかわる免疫チェックポイント分子の発見と、それによるがん治療法の確立である。

T細胞という免疫細胞の表面にある分子PD-1とがん細胞の表面にあるPD-L1が結合すると、免疫細胞が働かなくなる。そこでPD-1にPD-L1がくっつかないように、先にPD-1にくっついて邪魔する抗体を開発。すでに「オプジーボ」として小野薬品工業と米ブリストルマイヤーズ・スクイブ(BMS)が2014年7月に販売を開始し、がん治療に大きく貢献している。

免疫チェックポイント阻害剤の新薬ブーム

オプジーボだけではない。本庶特別教授と同時に受賞が決まったアメリカのジェームズ・アリソン博士も、CTLA-4という、別の免疫チェックポイント分子を発見している。制御性T細胞という、自己免疫の活動を抑制する細胞の働きを低下させるもの。オプジーボと前後してBMSと小野薬品が販売を開始した「ヤーボイ」(日本では2015年8月)は、アリソン博士の発見を基にしたチェックポイント阻害剤だ。

いずれも最初は悪性黒色腫という皮膚がんを対象にしたが、その後、非小細胞肺がんや腎細胞がん、血液がん、胃がんに適応を広げ、現在、承認申請中のものもある。そのほかオプジーボ6種、ヤーボイ7種で新たな適応での治験3相が進行中だ。米メルク(日本ではMSD)も2016年9月、PD-1阻害剤「キイトルーダ」を上市し、すでに4種のがんで承認を取得している。

一方、免疫細胞側のスイッチであるPD-1に結合して正常免疫の活動を妨げる、がん細胞側の分子PD-L1の働きを邪魔するPD-L1阻害剤として、ファイザーが2017年9月「バベンチオ」が皮膚がんで、ロシュグループの中外製薬が2018年1月に「テセントリク」、7月にはアストラゼネカが「イミフィンジ」でそれぞれ非小細胞肺がんの承認取得している。今、免疫チェックポイント阻害剤はブームといっていいほどだ。

次ページ別の考え方の治療法も
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。