100円ショップの会計学決算書で読む「儲け」のからくり 増田茂行著

100円ショップの会計学決算書で読む「儲け」のからくり 増田茂行著

安いからと、ついついあれもこれもと買いたくなってしまう100円ショップ。この心理はまさに、100円ショップのビジネスモデルのなせる業だという。こうした商法が儲かる仕組みを「九九プラス」と「キャンドゥ」という二つの100円ショップの有価証券報告書のデータを分析しながら解き明かしていく。

同時に有価証券報告書のデータを参考にしながら、貸借対照表や財務諸表の見方など会計の基本を伝授する。最後に100円ショップと離れて、開業するならいいのはだんご屋か宝石屋か、さらにコンビニか雑貨屋か、会計学の知識を基に検証している。

長年、企業の経理・税務の実務指導をする著者が手ほどきする会計学の基本書。

祥伝社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。