100円ショップの会計学決算書で読む「儲け」のからくり 増田茂行著

100円ショップの会計学決算書で読む「儲け」のからくり 増田茂行著

安いからと、ついついあれもこれもと買いたくなってしまう100円ショップ。この心理はまさに、100円ショップのビジネスモデルのなせる業だという。こうした商法が儲かる仕組みを「九九プラス」と「キャンドゥ」という二つの100円ショップの有価証券報告書のデータを分析しながら解き明かしていく。

同時に有価証券報告書のデータを参考にしながら、貸借対照表や財務諸表の見方など会計の基本を伝授する。最後に100円ショップと離れて、開業するならいいのはだんご屋か宝石屋か、さらにコンビニか雑貨屋か、会計学の知識を基に検証している。

長年、企業の経理・税務の実務指導をする著者が手ほどきする会計学の基本書。

祥伝社新書 798円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT