六十一歳の大学生、父 野口冨士男の遺した一万枚の日記に挑む 平井一麥著

六十一歳の大学生、父 野口冨士男の遺した一万枚の日記に挑む 平井一麥著

1993年、82歳で没した作家・野口冨士男氏。著者の表現を借りれば「もっとも売れない分野、私小説を中心とした純文学作家」だが、『なぎの葉考』や『かくてありけり』等の名作のほか、『徳田秋声伝』『感触的昭和文壇史』等の大きな仕事を残した人である。

その子息である著者は、京成電鉄やオリエンタルランドでの会社生活を終えた61歳、慶大に再入学するとともに、父が残した60年間という膨大な日記の整理に取り組む。初めて読む父の日記、そこには小説家としての苦闘、戦後の栄養失調や筍生活の凄まじさ、家族への愛、受賞や愛読者を得た喜び、死への覚悟など、生き様が凝縮している。「徹
夜。自分の才能に殆ど絶望。しかし書かねばならぬ。生きねばならぬ」(53年)と。

日記を軸に野口氏の生涯を、息子としての半生を重ねて追跡したのが本書。一作家からみた戦後文壇史・生活史ともいえる。原稿用紙にして1万枚に及ぶ日記の公刊が望まれる。(む)

文春新書 945円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。