ネット検索で「最も危ない著名人」は誰か

悪質サイトに誘導される危険性が高いのは?

 10月2日、サイバーセキュリティ―大手マカフィーは、インターネット上で名前を検索すると悪質なサイトに誘導される危険性が高い著名人の最新ランキングを発表し、女優・モデルのルビー・ローズ(写真)がトップとなった。写真は8月、ロサンゼルスで撮影(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

[2日 ロイター] - サイバーセキュリティ―大手マカフィーは2日、インターネット上で名前を検索すると悪質なサイトに誘導される危険性が高い著名人の最新ランキングを発表し、米ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」などで知られる女優・モデルのルビー・ローズ(32)がトップとなった。

2番目に「最も危険なセレブリティ―」とされたのはリアリティー番組に出演しているクリスティン・カバラーリ。3─5位は女優のマリオン・コティヤール、リンダ・カーター、ローズ・バーンが占めた。

昨年のランキングでトップだった歌手アヴリル・ラヴィーンは、今年は30位となった。ミュージシャンの中で最も「危険」とされたのはアデル(21位)、続いてシャキーラ(27位)だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。