ネット検索で「最も危ない著名人」は誰か

悪質サイトに誘導される危険性が高いのは?

 10月2日、サイバーセキュリティ―大手マカフィーは、インターネット上で名前を検索すると悪質なサイトに誘導される危険性が高い著名人の最新ランキングを発表し、女優・モデルのルビー・ローズ(写真)がトップとなった。写真は8月、ロサンゼルスで撮影(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

[2日 ロイター] - サイバーセキュリティ―大手マカフィーは2日、インターネット上で名前を検索すると悪質なサイトに誘導される危険性が高い著名人の最新ランキングを発表し、米ドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」などで知られる女優・モデルのルビー・ローズ(32)がトップとなった。

2番目に「最も危険なセレブリティ―」とされたのはリアリティー番組に出演しているクリスティン・カバラーリ。3─5位は女優のマリオン・コティヤール、リンダ・カーター、ローズ・バーンが占めた。

昨年のランキングでトップだった歌手アヴリル・ラヴィーンは、今年は30位となった。ミュージシャンの中で最も「危険」とされたのはアデル(21位)、続いてシャキーラ(27位)だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT