「日経平均は11月以降下落する」と考える理由

上昇は終盤戦、そろそろ「警戒」が必要だ

実際、9月17日(月)の米国株式市場の場中に、NEC(国家経済会議)のラリー・クドロー委員長が、「トランプ大統領は中国との貿易交渉に満足していない」と述べ、2000億ドルに対する追加関税の発動が近いことを示唆したため、その日のアメリカの株価は下落した。ところがその同国株式市場の引け後、かつ9月18日(火)の日本市場の寄付き前に、トランプ政権が正式に追加関税発動を発表すると、イノシシを確認して、同日の国内株価は上昇を始めたと解釈できる。特に、当初は2000億ドルに対して「25%の関税を追加する」と市場が予想していたところ、「年内は10%の追加にとどめる」ことになり、「小ぶりのイノシシ」だったことも、株価上昇に力を貸したのだろう。

3つ目は、1つ目の「何となくの弱気」や、2つ目の「トランプ大統領の大山への警戒」によって、日本企業の堅調な企業収益水準と比べて、日本株がたとえば予想PER(株価収益率)でみて、売られ過ぎになっていたことだ(後で詳述)。売られ過ぎた株価が適正な水準に戻るのは、何の不思議もない。

日本株は「いつまで」上昇しそうなのか

では、そうして上げ足を強め始めた日本株は、いつまで上昇しそうなのか。おそらく、今年11月頃までだと考えている。

11月頃までは、株価の支持要因が多い。述べたように日本の企業収益は堅調だ。主要な証券会社等が、今年度の米ドル円相場を1ドル=110円程度と仮定して、主要企業の経常利益合計額は、前年比で11%程度増えると予想している。これに対して企業側は慎重で、105円~110円程度の米ドル円相場を前提とする会社が多く、4~6月期の四半期決算発表時にも、自社の通期の収益見通しを据え置くところが多かった。10月下旬から11月上旬を中心とした、4~9月期累計の決算発表時には、さすがに上方修正が相次ぐものと期待される。

一方、海外に目を向けると、11月6日にはアメリカで中間選挙が実施され、結果がどうあれ、同国の政治的な不透明要因が一つ解消される。また、中間選挙までは、トランプ大統領は、「中国叩き」で選挙民にアピールする姿勢を維持するだろう。しかし、GM、アップル、インテルなど、アメリカの主要企業が、保護主義的な政策に反対する声を挙げている。こうした自国内の反対意見に応じて、中間選挙後に、米中2国間の妥協を図ることがありうる。その契機としては、11月末からアルゼンチンで開かれる、G20開催時に、別途米中首脳会議を設定し、それまでに両国間の交渉が進む、ということだろう。

次ページでは、日本株は「どこまで」上昇しそうなのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT