スカイラインはなぜ「NISSAN」を捨てたか

エンブレムをインフィニティに変更

画像を拡大
高級ブランドとなったスカイライン

日産は、収益性の高いインフィニティブランドの強化を掲げるが、これまでお膝元の日本では展開を見送っていた。

以前は導入を表明していたものの、国内自動車市場がエコカーや軽自動車へ偏重する一方で、高級車ジャンルではドイツ勢が圧倒的に強く、勝算が立たないためだ。実際、トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」は苦戦、ホンダはかつて検討していた「アキュラ」の導入を現時点で断念している。 

今回、新型スカイラインにインフィニティのバッジをつけたが、日産によれば、あくまで個別車種のバッジであり、「独自のブランドとして展開するつもりはない」(パーマー副社長)という。ただ同時に、西川廣人(さいかわ・ひろと)副社長は「日産の持つインフィニティブランドをどうすれば有効に活用できるか検討している」とも言う。

高級ブランド導入へのトライアル

新たにブランドを立ち上げ、独自に販売チャネルを構築するとなると、多額の投資が必要になる。そのうえ、国内で無名のインフィニティを高級ブランドとして定着させ、ドイツ車と競争するのは、ほとんど夢物語だ。

その点、知名度は高いスカイラインを高級ブランドへと移行してインフィニティのバッジを背負わせ、チャネルは従来通り日産チャネルで扱えば、リスクを抑えながら、インフィニティの存在を認知させるきっかけを作れる。高級ブランド導入の可能性を探るトライアルにはちょうどいい。

当然、リスクもある。一気に高級ポジションに移行させたことで、従来のスカイラインユーザーが離反する可能性がある。かといって、狙いとするドイツ車ユーザーにスカイラインブランドが訴求できる保証はない。

今回の新型車はインフィニティの導入につながるどころか、伝統あるスカイラインの衰退に拍車をかけるリスクもはらんでいる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT