秋からD判定を覆す、受験対策の3つの「ない」 「海より深い反省」の後にすべきこととは?

印刷
A
A

本当に重要なのは、いまこの時点でやるべきことに100%集中することです。落ちて後悔するくらいなら、勉強以外は些末なことと割り切ってください。結果にコミットが重要なのは、ダイエットも受験も一緒です。

私は、大学受験直前の半年は、テレビも見ませんでしたし、友達と電話もしませんでした。受験に向けてやらなくていいことを削ると、実はかなりの時間を勉強に回すことができますので、勉強以外は捨てるくらいの覚悟で打ち込んでください。

そして、勉強に打ち込んだとしても、まだ不十分です。次のレベルとして、勉強の中でも優先順位を改めてつけることが必要です。問題集を2つやろうと思っていたけど1つに絞る、教科書のまとめノートを作ろうと思っていたけど、教科書に書き込みをすることで時間を短縮する、など、勉強の中身自体の断捨離も進めていくのです。

断捨離する際には、「過去問とどれだけ関係しているか」という観点でやることを絞ってください。過去問自体をやるのは当然として、次は、過去問によく出る分野のテキストであり問題をやるべきです。志望校以外の大学の問題を解く余裕はないし、過去問にあまり出ない分野の勉強はしている暇がないのです。私のケースでいえば、たとえば東大の日本史では知識を聞く問題がほぼ出ないことが過去問からわかったので、知識を覚える勉強はほとんどせず、過去問を解くことだけにフォーカスしていました。

絶対浪人しない、と宣言

最後に、これが最も効果的ですが、「絶対浪人はしない」と宣言することです。

この宣言は、親や恋人など、仲の良い人であればあるほど、プレッシャーは高まります。

鬼頭政人著『超高速暗記術』(大和書房・書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

現役ですべての大学に落ちてしまう人というのは、心のどこかで「落ちたら浪人すればいいや」という思いがあります。取り繕っていても必ずこうした甘えを抱いています。こんな気持ちでは危機感を持って、おしりに火をつけて勉強できるはずがありません。

「浪人はしない」と周囲に宣言することで、周りからのプレッシャーも高まり、勉強に対する外圧が高まってきます。比類ない結果を出すには覚悟が必要ですが、これは自分1人の中だけではなかなか決めきれないものです。周囲にこう宣言をすることによって、それが自分に跳ね返ってきますので、やまびこのように自分にプレッシャーが跳ね返り、覚悟が決まっていきます。

受験勉強など、人生全体から見れば、大したイベントではありません。もっと大変なこと、苦しいことがこの先には待ち受けています。ここでくじけているようではこの先の人生も知れたものになってしまいます。3つの「ない」を駆使してダメ判定を覆してください。

台風や地震でせつ「ない」ニュースが多い中、未来の日本を担うのはあなたがた若者しかい「ない」のです。頑張って!!

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT