スタートトゥデイ「社長が月旅行」で買い戻し

収益悪化を懸念した売りが出ていたが…

[東京 18日 ロイター] - スタートトゥデイ<3092.T>はプラス転換。同社の前澤友作社長は18日、ツイッターに「月に行くことにしました」と投稿。宇宙ビジネスの参入による収益悪化を懸念した売りが出ていたが、社長が旅行に行くだけと分かり、買い戻しが入っている。「事故等のリスクはあるものの、宇宙ビジネス参入による収益悪化リスクに比べてまし」(国内証券)との声が出ていた。

宇宙開発ベンチャー、スペースXのイーロン・マスク氏CEOは、スタートトゥデイの前澤社長が月周回旅行の最初の乗客になると明らかにした。

*写真を削除して再送します。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。