スタートトゥデイ「社長が月旅行」で買い戻し

収益悪化を懸念した売りが出ていたが…

[東京 18日 ロイター] - スタートトゥデイ<3092.T>はプラス転換。同社の前澤友作社長は18日、ツイッターに「月に行くことにしました」と投稿。宇宙ビジネスの参入による収益悪化を懸念した売りが出ていたが、社長が旅行に行くだけと分かり、買い戻しが入っている。「事故等のリスクはあるものの、宇宙ビジネス参入による収益悪化リスクに比べてまし」(国内証券)との声が出ていた。

宇宙開発ベンチャー、スペースXのイーロン・マスク氏CEOは、スタートトゥデイの前澤社長が月周回旅行の最初の乗客になると明らかにした。

*写真を削除して再送します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT