スタートトゥデイ「社長が月旅行」で買い戻し

収益悪化を懸念した売りが出ていたが…

[東京 18日 ロイター] - スタートトゥデイ<3092.T>はプラス転換。同社の前澤友作社長は18日、ツイッターに「月に行くことにしました」と投稿。宇宙ビジネスの参入による収益悪化を懸念した売りが出ていたが、社長が旅行に行くだけと分かり、買い戻しが入っている。「事故等のリスクはあるものの、宇宙ビジネス参入による収益悪化リスクに比べてまし」(国内証券)との声が出ていた。

宇宙開発ベンチャー、スペースXのイーロン・マスク氏CEOは、スタートトゥデイの前澤社長が月周回旅行の最初の乗客になると明らかにした。

*写真を削除して再送します。

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。