麻原彰晃を漫画で描くフランス人作家の信念

カルト宗教が毒ガステロを企てたあのとき

「この作品は事実に着想を得た創作であり、人物、場所、事件等は架空のものです」

と冒頭に説明がある。しかし、「ドキュメンタリーと受け止められることも全然問題ない」と原作者のLF・ボレ氏は語っている。

たしかに架空だろうという設定箇所は直感でわかる。が、おおむね事実を基にしているため、どこか見慣れた描写も多い。

この物語で描かれた教団信者たちの衣服やヘッドギアは、オウム真理教しか想起させないし、サリン製造拠点である「第7メーダー」は「第7サティアン」のことか。

教団関連の登場人物の容姿は、オウム真理教の彼らにそっくりだ。教団教主(尊師)は麻原彰晃以外の何者でもなく、教団科学部門最高執行責任者は村井秀夫、日比谷線でのサリン散布実行者は林泰男に似ている気がする。

『MATSUMOTO』by Laurent Frédéric Bollée & Philippe Nicloux©Editions Glénat 2015 by Laurent Frédéric Bollée & Philippe Nicloux – ALL RIGHTS RESERVED

ゆえに潜在意識の中にあるオウム真理教一連の映像と、このコミックがシンクロ。生々しくリアルに感じるし、異国の作家が描いていることもあってか、不気味さが際立ち心がざわつく。

フランス人ジャーナリストの視点

当初、この作品は、東京での「地下鉄サリン事件」を物語の中心とするつもりだったという原作者のLF・ボノ氏。だが、調べを進めるうちに、東京以前に松本という小都市で同じようにサリンがまかれ、多くの人々が苦しんだことを知り、「これが端緒となった事件なんだ」とわかる構成にしたのだという。

自らも妻も被害にあった第一通報者が容疑者扱いされるという、信じ難いことが起きていた松本サリン事件の事実に驚愕、作品はここにフォーカスしている。

私も読んでいて被害者の河野義行さんを思い出し、胸の痛みと怒りがこみ上げた。

次ページ防げたかもしれなかった地下鉄サリン事件
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT