お堅い「町の総合計画」が絵本で大反響のワケ

福岡県の水巻町「水巻未来図鑑」の中身とは?

町民の声を集める方法も、根本から見直した。総合計画では、無作為抽出の住民アンケートを取るのが通例だ。

しかし、「わが身に置き換えたら、送られてきたアンケートに真剣に答えるだろうか……。町民と関係性を深めるためにも、アンケートをやめて、できるかぎりいろんな人の生の声を聞こうと決断しました」と担当職員の服部達也さん。職員自らすべての小学校へ出向き、登校時や昼休みに子どもに声をかけてインタビューした。その数は300人を超える。

「水巻町の人が好き」と言う子どもが多かった

その際、驚いたことがあるという。「『水巻町のどこが好き?』と質問したら、川や公園などの場所が返ってくると思っていたのに、“地域の人”をあげる子どもが4割もいたんです。いつもあいさつしてくれるとか、見守ってくれるとか……意外な結果でした」と服部さんが言うと、小宮教育長も「水巻の子どもたちは人懐っこいんですよ。水巻町を好きと言ってくれる子どもが多くて、うれしかった」と笑顔を見せる。

また、さまざまな町民の声を聞くために、PTAや区長、地元企業などと座談会を開催。

座談会やイベントでは大きな紙を用意して、参加者に自由に思いを書いてもらった(写真:水巻町提供)

まちづくりをみんなで考えるイベントを開くと、議員も多数参加したという。

さらに、町職員の町への思いを深く聞くため、委託先の担当者が約160人のほぼ全員と個人面談。

こうして1年にわたり、あらゆる場で「問い」と「対話」を重ねて、町民のつぶやきを集めた。

「計画書のあり方をひとつずつ問い直し、議論しながら進めていきました。ただ、最後にどうまとめるかはまったく決まっていなくて。やっていることは間違っていないという確信はあったけれど、アウトプットが見えない不安を抱えながら、みんなで突っ走っていましたね」と服部さんは振り返る。

2018年3月の完成期限まで、あと3カ月。

年末になってようやく「子どもをはじめ、年齢や性別を問わず皆さんに読んでほしいから、絵本のような形にしよう」と話がまとまった。未来図鑑というタイトルは、ワークショップで「どんな総合計画にしたいですか?」と聞いたとき、町民のひとりが答えた「図鑑みたいなのがいい」という言葉からヒントを得た。

次ページ町長が載るのは小さなコメントで十分
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。