あなたの隣の「働かないオジサン」

無気力、評論家、仕事をしてるフリ……

ここで考えてほしいのは、業種も異なる多くの会社に勤める若手社員から、同じようなオジサン批判が出ているということだ。

人柄や個人的な問題だけで働かなくなっているのであれば、これほど共通した話題にはならないだろう。そこには、オジサンを働かなくさせるような、会社の仕組みやキャリア形成の課題が横たわっていると考えたほうがいい。

一方で、批判を受けているオジサンたちも、好きでそういう態度を取るのではないと思われる。会社と自分との間にできた溝を埋めきれないことで、否定的な態度になっていることもありそうだ。先ほどの「かわいそうに思えてきた」というAさんの発言も、そういう面を感じ取ったのかもしれない。

矛盾や不合理の背景をきちんと把握する

このように考えてくると、オジサンたちの課題は、彼らを批判している若手社員の課題でもあることがわかってくる。オジサンを批判している若手社員も、十数年もすれば中高年社員になるからだ。

矛盾や不合理をいきなり取り除こうとするよりも、その矛盾や不合理の背景をきちんと把握することが、かえって解決の近道になることが多い。

働かないオジサンを生み出す背景にある会社の仕組みや、会社員人生の構造はどうなっているのか。また経営環境が変化する中で、会社と社員との関係がどのように変化しているのかを、十分、理解することが重要なのである。

そうすれば働かないオジサンに対して、どうのように対処していけばよいかだけでなく、自身の会社内での働き方や今後のキャリア形成におけるヒントを得ることができる。また、自分が働く会社の人事課題についての考えを深めることにもつながっていく。

次回は、中高年社員の働き方を見る中で、「働かないオジサン」のタイプ別分類と、その対処法について考えてみたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT